手巻き煙草をつくった話

僕は喫煙者だ。
どこの店も禁煙分煙、吸うなら吸うでIQOSかPloom TECH。
そんな時代の流れに逆らうようにして、僕はずっと紙巻煙草を愛煙している。

でもどうせ時代に逆らうなら、とことんまで逆らってやろう。
そう思って、手巻き煙草を始めた。

実を言うと、手巻き煙草じたい初めてではなくて、数年前からチョイチョイやってた。
で、飽きて、思い出して、また始めて、というサイクル。
またいつ飽きるか分からないので、ここにハウツーを書き記しておこうと思う。

1.タバコ葉の用意

写真 2018-11-11 17 55 46

まずは手巻き煙草のキモ、葉っぱ(シャグ)を用意。
「えっこんなのどこにあるん?」って感じだけど、僕は普通に近所のドンキで買った。
そうでなくても、意外と煙草専門店ってあるし、探せばすぐ見つかると思う。

今回選んだシャグは、なんか知らんけどいい感じのやつ。クセが少なくて吸いやすいらしい。

写真 2018-11-11 17 56 18

開くとこんな感じ。ゴッソリ入ってる。
これを取り出す。

写真 2018-11-11 17 57 07

メッチャ固まってる。
このままじゃどうしようもないので、手でほぐしていく。

写真 2018-11-11 17 59 47

ほぐすとこんな感じ。

ちなみに、シャグによっていろいろと違いがある。
まずは刻み幅
これが大きいほど、味は辛くなる。原理は不明。燃焼温度が高くなるからとかかな?
次に、湿気
湿気が多いと、味はマイルドになる。水分が多いから当然っちゃ当然か。

このへんは自分好みにカスタマイズも可能。刻み幅も自分の好きにできるし、加湿や除湿すれば味の変化も楽しめる。
ただ、やりすぎは禁物。カッサカサに乾燥させすぎたり、逆にビッチャビチャに加湿しすぎたり。
後述するけど、細かく刻みすぎると巻きにくくなる。

2.巻いていく

写真 2018-11-11 18 04 18

さて、シャグの用意が出来たらさっそく巻いていく。

使用する道具はこの2つ。ローラーペーパー

この道具も、非常にたくさんの種類がある。
ローラーは電動のやつとかもあるし、大きさもいろいろ。
難しいけど、ローラーを使わずに手だけで巻くこともできる。
できたら超カッケェ。

ペーパーもいろいろあって、まず大きく分けてフリーバーニングスローバーニングの二種類がある。
フリーバーニングは、よく燃える紙。市販の煙草と同じ。
スローバーニングは、ゆっくり燃える薄い紙。手巻き煙草界では、こちらのほうが主流らしい。

僕のこれは「知る人ぞ知る」的な、ヘンプ(麻)のペーパー。
余計な味がせず、スローバーニングなのでじっくりと煙草を楽しむことができる。

写真 2018-11-11 18 14 06

まずローラーを開き、このようにしてシャグを均等に詰める。
このとき、あんまりギチギチに詰めるとローラーがぶっ壊れたり、そこまでいかなくても巻きにくかったり、完成してもクソ吸いにくかったりするので、ちょうどいい塩梅を自分で探ろう。

で、写真を撮り忘れたけど、この状態のままローラーを閉め、何度か回す。
すると中でシャグが煙草の形になってくれるという寸法。

写真 2018-11-11 18 06 03

こちらが取り出したペーパー。

写真 2018-11-11 18 06 20

これを、このようにして糊を前面にしてローラーに巻き込む。
最後、写真の状態まで巻いたら、好き好きな方法で糊を濡らして効かす。
人にあげるのでなければ、舐めるのが一番早い。

…いや、女性がやったやつなら、貰いたい。むしろ買いたい。だから女性の方は是非舐めて糊を効かすべきだと思う。

3.完成

写真 2018-11-11 18 39 31

そしてこちらが出来上がった煙草たち。
先っぽをひねってあるのは、こうしとかないとシャグがボロボロ出てきてうざったいから。
完成したら吸い口を鉛筆なんかで押し込んでやると、より吸いやすく形も綺麗になる。

写真 2018-11-11 18 09 13

ちなみに僕はフィルターは入れてない。なんかその方がカッケェし、余計な味もしないから。
フィルターが欲しい場合は、ローラーにシャグを詰める時に一緒にフィルターも巻くと出来る。

おわりに

録画してた金曜ロードショーの「紅の豚」を見て、やっぱ煙草っていいなぁと思った。
やがて消えゆく嗜好品、なればこそ、今存分に楽しんでおこうじゃないか。