【再掲版】ドン・キホーテの歩き方

※この記事は、僕が以前運営していたブログで一度掲載していたものです。
けっこう評判の良かった記事なので、加筆修正しつつ再掲載します。
(以前のブログは削除してあります)

 

—▼—

 

みなさんは驚安の殿堂、「ドン・キホーテ」をご存知だろうか。

かゆいところに手が届く、広い世代に人気のディスカウントストアだ。

 

――しかし、ドンキをあなどってはならない

当たり障りのないデザインのペンギンで警戒を解こうとしているが、騙されてはいけない。
ドンキは、初心者が軽い気持ちで買い物をしようと入店すれば、最悪の場合死に至る恐ろしい店なのだ。

今回はそれを攻略し、現代に生きるすべての人が等しくドンキを利用できるよう、僭越ながら私が筆を執らせてもらった。
願わくば、これを読むすべての人のお財布が潤うことを祈る。

――でははじめよう。
ドン・キホーテの歩き方。

 

—▼—

 

1.ファーストコンタクト

今日は日曜日。
切れかけた日用品のストックを買いに、車を走らせてドンキまで来たあなた。

「風呂用洗剤が3割引き?!やべクソうれしい…」

はやる気持ちを抑え、車を駐車場に入れようとしたあなたは、あるものを発見する。

 

――それは、地元のクソガキどもの群れ。
喧噪の中に身を置くことで、ようやく人々の関心を惹くことが出来る、哀れな存在。
誰も彼らを相手にせず、それを「無敵」と都合の良いように解釈するイキった馬鹿ども。

 

「ウェ~wwwwwww俺らパリピじゃね?いや実際パリピじゃね?wwww」

「カズヤ先輩マジヤベ~wwwwww」

「これからどこ行く~?wwww」

「とりあえず峠でも攻めっべwwww」

「賛成wwwwwウェエェエェエェ~~~~~~~イwwwwwwwww」

 

あなたはハンドルをしっかり握りなおし、そしてアクセルをゆっくりと踏み出す。

 

ドン・キホーテの歩き方1

駐輪場やバイク置き場から遠いところに駐車する

 

イキったガキどもはたいがい原チャリや自転車でドンキまで来ている。
駐輪場やバイク置き場付近に駐車すると、どうしてもそれらイキガ(イキッたガキども)にエンカウントする確率が高くなってしまう。
多少めんどくさくても、そういったところは避けるように心がけよう。

屋上に駐車場のあるタイプのドンキであれば、最初からそちらを選ぶのがベストだ。

 

また、エンカウント率は低いが、稀に車で来ているイキガもいる。
その際は耳をよく澄まし、「ドゥンッ…ドゥンスカ…ダムッダムッ…」という音が漏れていないかチェックしよう。

漏れている音がHIP-HOPだったらそれはイキガだ。

 

2.入店

駐輪場から離れた場所に車を停めたあなたは、意気揚々と入店する。
カートにカゴを載せ、さぁめくるめく驚安の世界へ…

と行きたいところだが、ここであるものをしっかりとチェックしておかないと、後々死に至る確率が8倍高くなる(※金丸調べ)。

 

ドン・キホーテの歩き方2

フロアマップを脳に叩き込む

 

ドンキは大型ディスカウントストアだけあって、さまざまな商品を取り扱っている。日用雑貨に食品、ファッション用品など、実に多種多様だ。

この中でも最も注意を払わなければいけないのは、

①カー用品、バイク用品売り場
②アルコール売り場
③夏であれば花火等の売り場

この3つである。
理由は単純で、上記3つのブロックにはイキガが大量発生しやすいからである。
エンカウントした際にはクソ不愉快な気分になるか、あるいは最悪死ぬか、どちらかである。

 

Q. 上記3つの売り場に欲しいものがある場合はどうすればいいの?!

もしあなたがカー用品やお酒を欲しているのであれば、やり方はただ一つである。
それは、「舐められない」こと。

彼らイキガどもは弱そうなやつにちょっかいを出すことでHPやMPを回復することが出来るため、積極的にちょっかいを出してくる。
そうならないためにも、舐められないオーラを纏うことが大切だ。

例えばカー用品売り場で彼らにエンカウントしたら、スマホで誰かと話すふりをしながら、

「あ、ヨシタケさん。お疲れ様です。ベンツに合う灰皿、良いの無さそうっすよ。やっぱりヴィトンのあれがいいんじゃないですかね。デカいヤマ踏んだ後だし、まだ資金は潤沢でしょ?」

とか適当に嘘をつぶやくことで、「今はまだグレーゾーンだが、そのうち確実にダークな世界に身を落とすであろうやべー奴」というオーラを醸し出すことができる。

そしたら勝ちである。

 

3.会計

ここまでイキガを避けつつ買い物を済ませてきたあなた。
ご苦労様とねぎらいの声をかけてあげたいが、それはまだ早い。
ドン・キホーテはお会計の時も気を抜いてはいけない。
さもなければ死ぬ。

 

ドン・キホーテの歩き方3

レジ周りを入念にチェックする

 

レジに並んだは良いが、そのあと後ろにイキガが並んで来たら、せっかく得した気分が台無しである。
そのため、レジに並ぶ際は5分ほどその周りを観察し、イキガたちの存在が無いことをチェックしてから並ぶよう心がけよう。

具体的には、

 

「酒ウェ~~~~~イwwwwwwwwww」

「ウェ~~~~イ酒~~wwwww」

「ウェ~~~~~イwwwww」

「ウェ~~~~~ウェ~~~~~wwwwwwwwwwwwwww」

 

などと聞こえてきたら、警戒した方が良いだろう。
近くにイキガがいる証拠だ。

 

Q.ミスってイキガとレジが被ってしまった!どうすれば?!

ケースバイケースだが、ここでは2通りのパターンについてご説明しよう。

まずイキガの後ろに並んでしまった場合だが、この時はレジの近くに置いてある“スッパイマンシリーズ”とか“辛い系のガム”をメチャクチャカゴの中に入れるなどして、「正気では無いやつ感」を出そう。

suppai
※スッパイマンシリーズ

イキガが最も恐れ、扱いに困るのが正気を失った人だ。
存分に演じてやろう。

次に、イキガが後から自分の後ろに並んできた場合だが、この際も“スッパイマンシリーズ”をカゴに入れまくり、「あ、これ袋別にしてください」とか言って気の狂った奴を演出しよう。恐れをなしたイキガどもは心の中で「おかぁさん…」とか唱えるはずだから。

 

4.おわりに

この記事をここまで読んだ人は気が変になっているか、本当にドンキの歩き方を知りたかったかのどちらかだと思う。まぁ後者はないか。

どちらにせよありがとう。こちらからは以上です。