2020-02-09

途中で仕事サボって先輩とゲーセンへ。
昼飯をおごってもらって浮いた1000円を全部両替してクレーンゲームに勤しむ。
何も取れず、最後の最後、泣きの100円でやったらドラミちゃんのトートバッグが取れた。

IMG_3888

3本あるアームのうち一本がアクリルの隔ての部分に引っかかったので、「あこれはだめだ」と肩を落としていたのが、逆に残った2本のアームがドラミちゃんを引き寄せてくれたのでゲットできた。先輩と僕は爆笑。
ちなみにこれは奥さんにあげた。

*** *** ***

仕事を終えてから、奥さんとデートらしいデートをする約束をしてあったので、コンテに乗り換えて繁華街へ。クソ寒かった。
はじめデパートに立ち寄り、ヴィトンを見て回る。例の一件で僕が約束を破ったので、その償いとして鞄を買ってあげると約束したので。
とはいえ奥さん目当ての物は無く、店員に絡まれたのみで退店。レストランへ向かう。
「アヒージョが食べたい」と彼女が言うから、事前にスペイン料理を出すレストランを調べておいた。
はじめ先輩が教えてくれた店に行こうと思っていたが、満席っぽかったので僕が調べておいたところに落ち着いた。

IMG_3874

IMG_3875

鶏肉とモッツァレラとトマトのカプレーゼがめちゃくちゃ美味かった。
せっかくだから、と調子に乗ってハイボールとウィスキーを飲むも、ウィスキー半分くらいで危なくなってきたのでセーブする。2人して外食で酒を飲むというのは初。まぁ奥さんは飲んでなかったけど。
酔いの力を借りて、奥さんと真面目な話をする。こうやってオフィシャルな場で2人の今後の関係性みたいな話をしたのは初めてだった。僕は「なんか付き合いたての頃に戻ったような気分で居る」なんてクッセェ台詞を吐いてしまった。
奥さんは職場の人に今回の一件を話したようで(第三者に話すこと自体は良いと僕は思う)、その際に「旦那はあなたに甘えている、嘘をついている」と一蹴されたそう。でも奥さんはそれはただ第三者の意見であるという事を熟知していて、私自身は別にそうは思わない、ただあなたを信じていると言ってくれた。なんてかっこいい、なんて頭の良い、なんて強い……、僕はそれを聞きながらひたすらグラスを傾け、バカみたいに煙草を吸っていた。アルコールというよりむしろ煙で酩酊した。
奥さんに諸々すべてを話して良かったのか、それはまだ分からないけど、僕はなんだかすごく楽になた。もう彼女には何の嘘もつく必要はない。彼女は僕を僕として見てくれた。もしかしたら、ずっとそうだったのに、僕がただ気付かなかっただけなのかもしれない。
今回の一件を通して、僕は自分自身をより客観的に見ることができたように思う。新しい人間関係、そして自惚れ、慢心、故の行き詰まり、極端すぎる思想、人間を超越しようと考える傲慢なアティチュード。人間が人間として生きるその意味を、僕は見失っていたのではなかったか。独り善がりが高じて、大切な人までも失うところではなかったか?……

食事を終えて外に出ると雪が降っていた。ウィスキーで体が温まるかと思ったが案外そうでもなく、皮膚は熱いが芯が冷えてる、悪寒みたいな感覚が襲ってきて足早に歩いた。
奥さんが「ゲーセンに行きたい」と言うので、寒さ凌ぎも兼ねて入店。「おれ今日ドラミちゃんゲットしたからついてるぜ」とかなんとか言いながらクレーンゲームに1000円ほど使うも、何も取れず。クソが!カービィ重すぎんじゃクソが!ていうかアームが弱すぎんじゃクソが!

*** *** ***

20分ほど暇を潰し、シーシャ屋へ。スタッフのお姉さんの髪型がシシドカフカみたいになっていた。

IMG_3876

店内にはそれなりに人が居て、なんとか2人入れたという感じだった。運がよかった。
こないだ友人のTAKUと行った時はブルーベリーのフレーバーを頼んだので、今回はちょっと変わり種を、と思い、考えあぐねる僕。奥さんは「バニラが気になる」と言っていたが、バニラとか濃いやつだと多分酔うなと思ったのでブドウにした。ブルーベリーと何が違うのかはよく分からんかったけど、自分の中では無難で喫いやすそうだと思ったので。
肩を寄せ合って吸引する。モコモコモコモコ煙を吐き出し、また吸い…しているうち、2人とも骨の髄までナードに染まった。
珍しいことに、2人で写真を撮ったりもした。それをグループLINEに送ったりもした。恥ずかしや。今後は自重しよう。ナードはナードらしく。

IMG_3883

途中、スーパーロリボイスの女の子が一人、書店の袋を提げて入店してきた。常連さんらしい。フレーバーはバニラを頼んでいて、「それっぽいな」と一人で合点がいった。土曜日の夜に書店の袋提げながらシーシャ屋に来るって、良い趣味してんな。
そろそろ出るか、という段になって男女4人組が来店。クッソあざといロリ声で喋る女と、いかにもモテてますよ感を醸し出した男。ナードとは程遠い4人組。「マジで邪魔なんだよクソが」と思ってたら、なんか喧嘩とか始めて、「さっきの入ってきた女の子、気の毒に…」と思いながらも退店した。パリピはパリピらしく、沖縄とか行って記憶失うまで泡盛飲んでろバーカ。こっちの世界に入ってくんじゃねえ。お呼びじゃないんだテメーらは。奥さんには「ああいう奴らがおれは一番きらい」と言っておいた。笑っていた。

*** *** ***

IMG_3887

外に出ると雪。「これでこそだ!」と言って、ショーシャンクの空にみたいな感じで両手を広げて闇を仰いだ。ショーシャンクの空に見たことないけど。イメージ。
その後は奥さんに運転してもらい、帰宅。僕はずっとSUKISHAとかサカナクションとか歌ってた。「何点?」って聞いても、「点数付けようと思って聞いてない」と言われたのを覚えている。あ、一応聞いてはくれてたんだ。感謝。

そんな日だった。楽しかった。