oekaki Sunday

03-15

11時頃起床し、自動車保険を見直すため、奥さんと連れ立って懇意にしている車屋へ向かう。ついでにタイヤ交換をしてもらう。
不必要な車輛保険を外してもらい、タイヤもノーマルに交換してもらったところで、ガソリンスタンドに行って車内清掃と軽く洗車をした。今週末にゲストが来るので、そのために。と思ったが、よくよく考えたらゲストらは僕の車に乗らないかもしれないわけで、でも別にそれはそれで良い。単純に、車内がとっ散らかってるのは嫌いだし。

用事を済ませてから、家でポテチをかっ喰らってゴロゴロしていると、友人のNから連絡があって、急きょ駅前デパートへ買い物に付き合うことになった。
迎えにきたRの車に乗っていたのは、N、Y、の二名。NISSANのグロリアなどという、ふた昔前くらいの高級セダンに男4人が乗り込んで、途中道をミスったりしながら、駅前のデパートへ到着した。
Nから連絡があったとき、「ホワイトデーのお返しを買いにいく」と聞いていたので、Rがアクセサリーショップに入店した時「あぁ恋人へのお返しかぁ」と思っていたが、まさかの自分用だったので少し面食らった。自分用かよ。

デパートを出た僕たちは適当な場所でラーメンを食って(僕はカツカレーを食った)、麻雀するために僕の家に向かった。
戦績のメモが残っているので、ちょっと記しておこうと思う。

Y -34 / +6 / -4 = -32 (-1,600円)

R +4 / +42 / -47 = -1 (-50円)

N +45 / -14 / +12 = +43(+2,150円)

僕 -15 / -34 / +39 = -10(-500円)

すなわちNの独り勝ち。

麻雀もそこそこに(東風3回のみ)、僕たちはノートと鉛筆を取ってお絵かきを始めた。はじめのうちは、4人の中で最も絵心のあるYが淡々と似顔絵を描いていたのだが、そのうち「あるキャラクターを、誰が一番上手く描けるか」という遊びに発展した。以下紹介。

605972718.250066

まずこちらがY画。一応断っておくが、彼は4人の中で一番絵が上手い。
番号を振ったのは、これから先に紹介する絵心あふれるイラストたちが、場合によっては(あるいは多くの場合)判別不能であることを考慮してである。つまり、Yの描いたこれが一応のお手本ということで、番号順にこうなる。

①ドラえもん
②野原しんのすけ
③カービィ
④ダグドリオ
⑤まねっこチンアナゴ

個人的には②のしんのすけと③のカービィにツッコミを入れたいところだが、悔しいことに僕は彼の絵にイチャモンを付けられるほどの力量を持っていない。

605972755.979975

こちらが金丸画。
言うべきことは何も無いのかもしれないが、自分で自分を褒めるとするならば、最低限、そのキャラクターの特徴を取り入れてはいる。①のドラえもんのパチモン臭は否めないにせよ、②のしんのすけに関しては眉毛が、③のカービィならば口が、④のダグドリオなら『土』の字と鼻が、⑤のまねっこチンアナゴはやる気の無いウツボにも見えるが、とにかく、「理解を促す」という義務は放棄していない。たとえ絵が下手であっても、これならまあ、まだ許してもらえるだろう。

605972784.664520

次にR画。画力そのものはYに負けるかもしれないが、全体的に完成度が高く、一目見て一瞬で理解することができる点で、暫定2位といったところか。惜しむらくは③のカービィの雑さと、④のダグドリオの主張の無さである。もっとでかく描け。

最後に、N画。

605973144.410501

 

?!

僕、R、Yの三名は、まず①のドラえもんを見て、人生で5本の指に数えられるくらい大爆笑した。ツッコミたくても、どこから手を付けて良いかわからない。こんがらがったコードを前に、ひっくり返したバケツを前に、人が苦笑と嘆息を禁じ得ないように、①のドラえもんは、もう、これで十分なんである。わざわざツッコむのがそもそもナンセンスと言えよう。
次に②のしんのすけであるが、僕はこれが一番笑った。あまりの爆笑に嘔吐さえ覚悟しながらも、きれぎれに「ししとう…ししとう…」と呟いた。ししとうやろこれは。
③のカービィは、見ようによっては少し可愛い。それに他の3名と違って、ワープスターに乗っているというのもポイントが高い。しかし、世知辛いと言うべきか、単なる蛇足と言うべきか、せっかく描いたワープスターがむしろ邪魔をして、この絵の不思議な面白さを醸し出している。まずもって、なんで星型に突起が6つもあるのか分からないが、想像してみるに、多分上3本の突起を書いてからバランスの狂いに気付き、焦って取り戻そうとした結果偶数になったのではないかと思われる。言っては悪いが、ハッキリ言って馬鹿と言わざるを得ない。
そして④のダグドリオであるが、これは描く前にN本人が「おれ、これだけは絶対に笑わせねぇ!」と大見得に大見得を切って描いた自信作である。じゃあなんで眉毛と唇がある。
⑤のまねっこチンアナゴは惜しい。体と目はそれなりに描けているのに、何故か口で余計なことをして台無しになっている。彼自信、絵が下手くそであることにはそれなりにコンプレックスを感じていて、画力はすでに放棄し、他にないオリジナリティとリアリティによってスキマを埋めようという切ない気持ちは汲み取るが、やはり、蛇足は所詮、蛇足でしかない。

さんざん笑った後、締めとして、「お題は決めず、まずYが何かしらのキャラクターを描き、それを見て僕が何のキャラクターであるか理解し描き、それを見てRが描き、最後にNが描いて答え合わせとしよう」と、伝言ゲーム的な遊びを提案した。

605972981.600040

そしてYが描いたのがコチラ。これはまぁ、ものすごく簡単である。実際は違うのかもしれないが、ともかく、このキャラクターに関しては、眉毛さえきちんと描けていれば、あとはもうどうでも良い。Yも、「あ~これは簡単すぎた」とボヤいていた。

605973036.800294

それを受けて描いた金丸画がコチラ。えっと、みんなの言いたいことは分かるし、僕はそれを全部受け止めるつもりでいるけど、でも、誓って僕は、義務を放棄するようなクソ中途半端なことはしていない。さっきも言った通り、このキャラクターは眉毛がアイコンなんであって、それさえキチンと描いてあればあとはどうでも良いのである。いや、みんなの言いたいことは分かるし、どんな糾問を受けても論駁はしないつもりだけど。

605973063.132875

僕の絵を受けてRの描いたものがコチラ。これは、ファインプレーである。よくぞ理解してくれた。むしろこれがもう答えであって、ここから離れるなどあり得ない。R、よく持ち直してくれた。よく僕の義務を掬い取ってくれた。ありがとう。ありがとう。あとはこれをNに繋ぐだけだ。さすがのNも、これで分からないということはないだろう。あゝ、提案した身であったが故に、少し盛り上がりに欠けるこの遊び、して、いかんともしがたいこの感情、持て余すよなあ。さてN画。

605973118.040403

 

?!??!!

 

①なぜ勝手に眉毛を分割したのか
②なぜ勝手にパーマを当てたのか
③よせばいいのに、なぜ無理をして襟元を描こうとしたのか
④これは誰なのか

そもそも、Nははじめから様子がおかしく、Rの絵を見て開口一番、「おれこれは分かる!おれこいつの漫画読んでるから!グルメ漫画も書いてるもんな?!」とか言っていた。僕たち3人は『グルメ漫画…?秋本先生ってグルメ漫画も描いてるの…?』と懸念が止まなかったが、もしかしたらNは秋本先生の大ファンで、細かい作品まですべてチェックしているのかもしれない、と思い、それ以上はツッコまなかった。しかし一応、「へえ?その作者ってグルメ漫画なんて描いてんの?」と聞くと、「いや、コイツが、コイツが描いてるんだよ」とか言い出し、本日二度目の嘔吐チャンスが到来した。なんでソイツがグルメ漫画を描いてるんだよ。意味が分からん。
それに、僕は聞き逃したが、YによればNは「コイツの出身は九州だな!」とかも言ってたらしく、YはYで『えっ多分浅草じゃね…?』と思っていたらしい。

とにもかくにも絵は出そろったので、せーので答え合わせをする。せーの、

Y「こち亀の両さん」僕「こち亀」R「両津」

 

 

 

N「野原ひろし」

 

 

 

?!?!?!?!!!!?!?!??!!?!

 

605973063.132875

野原ひろし??????????????????????

まずもって、野原ひろしを主人公にしたグルメ漫画は確かにあるが、あれは別に野原ひろしが描いているわけじゃない。あとひろしの出身は九州じゃなくて秋田。九州は妻のみさえである。

あのRの完璧な絵を、どうやって見たら野原ひろしになるのか、それはNのみぞ知るところだが、ともかくこの日、僕はほとんど一生分を笑ったように思った。友に謝辞を。