ワンワンは神

ここ最近、とりたてて書くこともなかったが(いや、実を言うとあるけれど、まだ自分の中で気持ちの整理がついていない)、ここにきてようやく一大ニュースが舞い込んだ。

奥さんの実家で子犬を飼うことになった。
犬種はカニーンヘン・ダックスフンド。ミニチュアダックスよりももう一回り小さい犬種。
グダグダ書いててもあれなので写真をのっけることにする。

名前は「アラン」、「ペペッチ」

写真 2019-01-30 20 12 04

はぁおいよく見ろやこれ。やべぇやろこんなんマジでやばいって。
あぁクソ形容する言葉見つかんね~~~なんなんマジでおい、おい。
もうほんとやべ~~~あぁ死ぬ~~~可愛死(かわいし)する~~あ~~あ~。

アァ。

名前は「アラン」。でもこれは、向こうの家族(つまりお義母さん)がつけた名前で、僕と奥さんはこのワンワンを「ペペッチ」と呼ぶことにしている。
ペペッチというのは、「ペペロンチーノ」の略。僕がペペロンチーノ大好きで、よく奥さんに「なぁおいペペッチ作ってペペッチ!」って言ってたのが元ネタ。

僕と奥さんに共通している数少ない価値観の一つに、「ワンワンはPから始まる名前だとまぬけになる」というものがある。うちの愛犬はPARUMUだし、ペペッチならPEPECCHI。どちらもPから始まる。

写真 2019-01-30 20 11 42

ん~~~~~~~ちょっとまってこれなんなん~~~~~~~~~~。
こんな可愛い生物が存在していいん?ダメやろ。あぁクッソなんでこんな生物が。
人間クソあぁ~~~~~~~ワンワン~~~~~神~~~~~~~。

写真 2019-01-30 20 15 35

僕はパルムの子犬の頃も知っている。とにかく軽くて、腹だけ妙に張っていて、まぁとにかく死ぬほど可愛かった。
キーキー鳴きながら指を甘噛みしてきたり、片手で倒されるくせに勇ましく向かって来たり。
ペペッチはどちらかというとすごくおとなしくて、基本的には抱っこされて寝ている。鳴く回数も少ない。歩き方もまだヨタヨタしている。

やっぱりワンワンは神。犬嫌いの人の気持ちが冗談抜きで理解できない。
こんなにかわいいのに…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA