この悪趣味なblog

Tumblrを辞めてから、このblogの存在を知る人はほぼ皆無になってしまったと思う。
それでも書くのは、ここでやめたら「結局おれは人の目を気にして文章を書くださいやつ」という烙印を、自分で自分に押してしまうことになるから。
それは嫌だし、それにサーバー代も払ってるんだから好きかってやらせてもらわないと割に合わない。

今日ふと思い立ってアクセス解析を見てみた。細々とアクセスがあるのは、僕のこのblogをブックマークか何かしてくれてる人が居るってことなんだろうか。だとしたらそれはすごくうれしい。
ラジオのほうは、どうやら固定で聞いてくれるリスナーの方が居るみたい。まだまだ少ないけれど、でも自分が好きで始めたことが誰かに認められるっていうのは、メチャクチャうれしい。
本当はTwitterで宣伝したり、ラジオもyoutubeに投稿したりとか策を練れば聞いてもらう事自体はそれほど難しいことじゃないと思う。素人がやってる時点でどれもこれも同じようなもんだろうし、ただ声が気に入ったとか価値観が気に入ったとか、差異はそのへんに出てくるものだと思う。
僕はひねくれてるから、自分のやりたいと思ったことを一回裏切りたい。youtubeとかは魅力的だしやりたいとは思うけど、でもそうしてしまったら僕はただのつまらん俗物だ。固定で聞いてくれているリスナーさんに申し訳ない。僕はTumblr出身で、あそこが僕の住むcityだった。

とはいえ記事したに各種シェアボタンを設置しているのは、下心を捨てきれていない表れでもあるし、あわよくば誰かTwitterとかTumblrでシェアしてくれないかなと思ってる。

ネットの大海原に、僕の書いたロクデモナイ文章が放たれていく。それはとても孤独なことだ。瓶に手紙を入れてコルク栓をして、太平洋に向かってブン投げる感覚に近い。
それでも僕は極力書こうと思う。

※随筆を追加しました – http://goldenstones.org/essay/lunatic/

-theo_kanemaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA