みんな何して生きてんの

やっちまった。
真鍋昌平の短編集「アガペー」を買って読んだら、見事に「考えたいことが多いのでいろんなことが手に着かない」モードに入ってしまった。

読書感想はこちら → 【読書感想】真鍋昌平 – 『アガペー』

今日、仕事中にビッグスクーターに乗ったギャル二人組が爆音で音楽鳴らしながら大通りを去っていったのを見てなんか元気が出た。不毛なパワーって何か元気が出る。

最近はよく晴れてるのでベスパで通勤しているけど、やっぱり車より良い。この良さが分かる人間に生まれてよかった。そうでなければ、地方都市での退屈な生活に精神を侵されて、そのうちマッパで「天上天下唯我独尊!!!」とか言いながら公園とか行ってたと思うから。そしたらお母さんに顔向けできねえからな。

毎日が退屈だ。あれだけ好きだったゲームも、全クリする直前ぐらいで飽きてしまう。もう何かを消費する生き方では間に合わないのだろうか……。
30歳に向けて、何かを追及する生き方にシフトしていかなければならない。幸い、好きなものが何かは分かってるから、それを追及するか……お金ないけど。

知的好奇心を満たす元気とお金と時間が無い。興味のあるものを見つけ出す気力がありません。みんなどうやって生きてるんだろうか…ということを、みんな考えてるよね。知ってるさ。

明日は昼からウィスキーでも飲もうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA