天気:曇り

しばらく日記を書いていなかったので書く。

まず仕事のこと。相変わらずクソだるい。クソだるいっていうか、ヤバい。
11階建てのマンションを塗装するのに、割ける人員はたったの3人。たまに4人。そして工事期間はほぼほぼ7月いっぱい。
今終わっているのは4面中1面の、それも11~8階まで。本来なら今週中にこの面は終了していなければいけない。
どう考えても無理なんだけど、先輩のOさんは「かっこつかないからやれるだけやる」つって午前中の休憩を抜いてひたすら働く。これからもっと暑くなるのに、これじゃあいつかぶっ倒れるぞ。
Oさんはいい人だし真面目な人だから一切文句は無いけれど、でも僕は仕事に情熱も興味もあまり無いし、何なら責任感もそこまで感じていない。とりあえず真面目にやってお金がもらえればそれで良いと思ってる。
工期がきついのでどうしても目を瞑るしかない部分も出てくる。Oさんは「罪悪感がある」と言ってたが、僕は1ミリも感じない。そんな部分に神経を使いたくない。ただでさえだるいのに。
明日からまた6日間、クソ暑い中飛び回って仕事しないといけない。あぁ憂鬱だ。

今日、姪っ子(奥さんの妹の子供)と一緒にアンパンの映画を見てきた。
久々に映画館に足を運んだけど、良いなって思った。人もほとんど居なかったし。
肝心の姪っ子(3歳)はポップコーンを貪り食うことに一生懸命で、映画に感情移入はしていないようだった。
僕は何かああいう映画の「さあみんなで一緒に!」みたいな空気がすごく恥ずかしくて苦手なので、「ああこれもしかしてバイキンマン優勢になったらみんなでアンパンマンを応援するスタイルのやつかな~はずいな~」と思ってたけど、難なくアンパンチでバイキンマンをラボまで直行させてたので安心した。
僕は作品を見るときに、「消費する側」ではなく「作る側」に立って見るという癖があるので、この映画もそうやって見てたんだけどなかなか面白かった。
上映時間が1時間程度と短い(おそらく子供の体力や集中力を考慮して)ので、無駄な描写が少なくあっさりとしていた。
映画にありがちな「くぅ……」って言って人物の表情ドアップになり、葛藤していることを示唆するシーンとか、話から話へ移行する際の「つなぎ」とかがほとんど無くてシンプルだった。
ちなみに上映前のコマーシャルで「天気の子」が流れて、ちょっと心を動かされてしまったのは誰にも内緒。僕は流行りものには興味がないんだ(マイノリティにありがちな優越感)。

記事の仕事がヤバい。11日までにあと20記事仕上げなければいけない。
1記事当たり1000文字だから2万文字。1日換算で5000文字書かないといけない。
好きなことをただ書くだけなら1日1万文字くらいは書けるだろうけど、テーマに沿ってきちんと書かなければいけない5000文字はだいぶつらい。このへんはさすが仕事といった感じ。
今日は頑張って7記事終わらせたけど、それでも締め切りまでに毎日5記事書かないと間に合わない。あぁサボりすぎた畜生!
でも奥さんが「はいこれ」つってスーパーマリオメーカー2を買ってきてくれたのでテンションが上がった。テンションが上がったというか、奥さんの優しさと気配りに感動した。こういうところは素直に尊敬する。
でも「記事の仕事が終わるまではおあずけです」って言われてヘコんでる。時間を戻してくれドク!マーティも一緒に行こう!2019年6月30日へ!

お義母さんがgroup_inouに興味を持ったらしいので、持ってたCDを5枚全部貸してあげた。感想を聞いたら「気に入った」らしい。
眼鏡にしろvespaにしろ音楽にしろ、僕の趣味というのは人の理解を得難い。自分でそうしてきたから当たり前なんだけど、興味すら持ってもらえなかったから少し寂しい気はしていた。
だからお義母さんが気に入ってくれてよかった。まぁ「ズンズルズル剥け」とか「ケツまで褐色」とか「濡れてるマンコはその陰部」とか歌詞に入っているけど、幸いそれは歌詞カードに書いてないし良しとしよう。良くないのか?
一番どれが気に入ったか聞きたいけど、なんか気恥ずかしいので今度奥さんを通して聞いてみようと思う。もし「BPA」だと言ったら爆笑すると思う。感性が似すぎてて。

七夕の日記おわり。また明日から頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA