一笑に付す

ここ最近はとても忙しい。朝から晩まで働き詰めで(多くの場合は自分のせいだが)、息つく暇もない。
記事を書きながら、Tumblrに「将来、友達の結婚式で友人代表スピーチを頼まれた時の草案」なるものを書いているけど、これメッチャクチャ楽しい。ワタクシ~から始まる一連の文章って、なんかすごい書きやすいし、おそらく読みやすくもあるはず。飽きるまで続けようと思う。

最近、mzfk先輩と一緒に仕事に行っているんだけど、現場に着くまでの道中、youtubeから音楽を流すようにしている。
彼はとてもお洒落で、博識なので、流れてくる歌は大体知っている。守備範囲は美空ひばりから米津玄師まで幅広い。
僕はというと、朝、彼にけしかけられて、槇原敬之の「どんなときも」を熱唱した。バカクソ鬼鬼恥ずかしかった。畜生!いつも帰り道に一人でラップを大熱唱している自分はどこに行ったんだ!

今はかりゆし58の「アンマー」を聞いて半泣きになっている。ダッセェなぁ俺……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA