必殺、日記おまとめ書き

9月の読書

・三島由紀夫 / 美徳のよろめき

本格的な耽美派作品に触れたのはこれが初めて。浸ることができた。
緻密に描き出される人間の心理と、原色の配列のような男女の愛憎劇…。素晴らしい。登場人物の長広舌を通してひけらかされる三島由紀夫の思想も面白かった。

・ドストエフスキー / 貧しき人びと

ドストエフスキーの処女作にして、写実的ヒューマニズムの傑作。ただただ、貧しい。そして、切ない。「お金」という、何か抗うことのできない大きなルールの中で右往左往する2人の弱者の姿が克明に描かれている。ラストは下唇を噛みながら読んだ。切なくて。

・松本人志 / 遺書

お笑い神・松本人志のコラムをまとめたもの。彼の人としての地頭の良さはよく分かるが、人間性としては如何なものか。徹底したナルシストでなければ到達できない境地もあるのだなあと思った。真新しいことは特にない。

・田中慎弥 / 共喰い・第三紀層の魚

ふっと思い出して読んでみようと思った作品。文章にクセがあったのではじめはけっこう苦労したが、中盤以降は慣れてきてスイスイ読めた。
人の持つ運命、カルマ、そういうものに焦点を当て、それに翻弄される一個の人間、それに立ち向かう一個の人間。寂れた田舎町を舞台に、物語は淡々と進んでいく。同時収録されていた「第三紀層の魚」も良かった。どちらかというと僕はこっちのほうが好き。潮気のこもった小説と言うのは、僕の生まれ育った町がそうだからか、どこか懐かしさを覚える。

本書には田中慎弥と瀬戸内寂聴の対談も収録されているんだけど、これがまたメチャクチャ面白かった。クソまじめな田中慎弥と、ビッチ思考の瀬戸内寂聴、どちらも人間に対する造詣が深いのに、話す内容は「早めに金持ちの未亡人を見つけて遺産をゲットして、後は若い子と楽しみながら生きればいい」「いや、その度胸はないので自分で稼ぎます」とかそんなん。この人らチャーミングすぎやろ。

・トルストイ / クロイツェル・ソナタ 悪魔

トルストイを手に取るのは初めて。そして一発でこのクソ偏屈じいさんを大好きになった。この考え方、まさに、狂っている。理性の極み。人間の本質と言うのは、もしかしたらこういうところにこそ宿っているのかもしれないと思った。つまり、自らに何かを課すような思考こそが。

9/29

奥さんとの結婚記念日+奥さんの誕生日(9月22日)は身動きが取れなかったので、この日にお祝いをすることになった。
僕からのプレゼントは、眼鏡。この日のために記事を書きまくり、休日出勤もした。自由に使えるお金は8万円ほど。眼鏡に一切の妥協はしたくないので、フルに使っても一切構わないつもりだった。
お店は、以前から気になっていたカフェ併設の小洒落たセレクトショップ。取り扱いブランドもセンスが良く、何よりオーナーがマジで眼鏡好きそうな人だったのが良かった。
選んだのはVioRou(ヴィオルー)というメイドインジャパンの逸品。

GiulliREASfrontGiulliREASside

SOW,inc

上品かつミニマル。チタンの持つクールさと、ボストンの持つ柔らかみが見事にマッチし、教養、愛嬌、すべてを高めてくれる。まさに我が奥さんにピッタリだと思う。

ご飯は凝ったものではなく、有名な焼き鳥店に行った。奥さんはフレンチやら何やらには全く興味が無く、庶民派。変に気取らないのがまた彼女の良いところだと思う。祝い事とあらば無理クソイタリアンとか寿司とか食う生き方、僕も彼女も嫌いだし。

10/1

先輩のmzfkさんと一緒に現場へ。しかしそこはやはり彼。以下、時系列順に一日の流れを見てみよう。

8:30 水族館へ寄る

もちろん現場はここではない。ここではないが、「寄ってみっか、おまえもこういう流れ好きやろ」ということで立ち寄ることに。
開館は9時からなので当然何も見るものは無い……と思いきや、入り口にデカイいけすがあり、そこに1m30cmくらいのチョウザメとイトウが泳いでいた。
でかすぎて怖かったし、こんなの丸出しにしといたら悪戯とかされるやろと思ったし、何よりタダで見させる気前の良さが面白かった。
少し歩くとスロープがあり、上っていくとなんと3匹のアザラシが。ここで僕は膝から崩れ落ちて爆笑する。
①朝の8時30分から寝ているアザラシを男2人で見ているシュールさ
②タダでアザラシを見せる水族館側の謎の気前の良さ
③アザラシの可愛さ
理由はこのあたり。

9:00 モーニングコーヒーを頂く

水族館を後にし、複合施設の一階に入っている喫茶店で260円のコーヒーセット(ホットコーヒーとトースト)を頂く。気分がガッツリ落ち着いたところで、現場に向かう。

11:30 家系ラーメン「はじめ家」でラーメンを食う

知る人ぞ知る名店、本家吉村家直伝の…まぁ、とにかく、家系ラーメンのすっげぇ美味い店が近くにあったのでそこで昼食をとる。さすが人気店、食ってる側からバンバン人が入ってくるし、5分後にはもう長蛇の列になっていた。怖い。
車のナンバーは県外も多く、よほどみんなラーメン好きなんだなと思った。僕も好きだけど。
ちなみにお味はクソ最高でした。

その他

uri gagarnの「Swim」テープが届いた。あ~可愛い。オオクボリュウ、いろんなグッズ出してるから集めようかな。
早速ラジカセにブチ込んで流す。良き哉。聞き終わったらいちいち巻き戻ししないといけないダルさも良い。音質が微妙に悪いのも良い。

ラジカセに愛着が湧いたので、コツコツ集めてたステッカーを貼った。いい感じに貼れたが、もう貼る場所が無くなってしまって残念。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA