頭、混沌とす

ここ2、3日体調を崩していて、頭痛やら咳やら倦怠感で本調子が出なかった。と書くと、いつも本調子のように聞こえるけれど、だいたい6割くらいの力で生きてます。

短時間で活字を頭に入れ過ぎた感がある。読む本のクセとアクがどれもこれも強すぎて、起きがけに飲むコーラみたいにビリビリくる。頭の中が混沌としている。
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」。僕の魂もそうありたい。超撥水の魂。ツルッツルのソウル。スベッスベのソウル。

ついさっきまで、薬物をめぐるドキュメンタリーを見ていた。アメリカの。売人、警察、客それぞれの視点から取材を行い、何かを得んとして近づいていく。何が得られるだろう?血と暴力と狂気の中にあるものは、僕たちカタギの人間には関係ない。彼らだってそれを承知していて、だからこそ”ドープ”な世界に身を落としている。

***

愛犬が肝機能障害だということが分かった。主な症状は、満腹中枢の異常による旺盛な食欲、頻繁な水分補給、暑がり等。うちの愛犬は奥さんの実家に招き入れられてすぐ、同じく肝機能障害によって死の淵に立たされたことがあるから、僕とて心中穏やかではない。さらに原因も不明で、根本的な治療はほぼ不可能ときた。
まぁ、僕は愛犬のためならば、365日働き続けることになってもきっと異存は無い。それだけの覚悟をもって接している。世間の人はどうか知らんが。というか、世間の人が犬とどんな距離感を持って接しているかなんて全く興味が無い。テメーらの家で起きたことは、テメーらの責任で後始末するのが世の常識ってもんだ。違うか?

***

会社にニューフェイスが参入した。歳は24歳。とはいえ、僕は彼に全く興味が無い。距離を縮めようとも思わない。
25の歳から新しく友達を作るのは、非常に難しいと思う。はじめから価値観やなんやが似ているならまだしも、そこらへんがまったく見えない中手探りで人と仲良くなっていくなんて、至難の業だ。だから僕は小学校や中学校で出来た友達をとても大切に思っている(高校は辞めたのでノーカン)。ほら、スティーブン・キングも言ってるじゃん。「12歳の頃に出来た友達のような関係は、もう誰とも二度と築けない」みたいなこと。金言だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA