山羊と茶会

9:00

起床。起きた瞬間「また9時かよ」と思った。休日でも7時くらいに起きてコーヒー飲んで…っていう夢のルーティーンは、いつになったら叶えられるんだろう。朝早い仕事をもう5年もしてるが、まだ夜型なんだろうか。

10:00

洗顔歯磨き寝癖直しを済ませリビングへ。奥さんがこたつに首まで浸かりながら(こたつに浸かるという表現は的確だと思う)スマホをいじっていた。僕は煙草を吸ってから、「天気良いから獅子吼高原に遊びに行くぞ」と彼女のケツを叩く。しぶしぶ起きて準備を始める奥さん。

11:30

愛犬を乗せて出発。外は12月とは思えないほど暖かかった。
40分ほど車を走らせ、『パーク獅子吼』に到着したものの、ゴンドラが冬季休業に入っており山頂にまでいけないことが判明、萎える。
ここでモタモタしてると感じが悪くなると思った僕は、すかさず「これゴンドラ乗れなかったら暇じゃね、とにかく散歩でもすっか」と機転を利かせた。奥さんは笑っていた。
それで気付いたんだけど、6年も一緒に居ると男女の駆け引きもクソも無く対等な付き合いが出来るからすこぶる楽だ。どうやら僕は結婚向きであって恋愛向きではないらしい。

13:00

下山(?)し、全国から取り寄せが殺到すると噂の大判焼き屋へ行く。店頭ならすぐ買えるだろうとタカをくくっていたが、90分待ちの札が立っていたのでドン引きした。
最初は諦めてたこ焼きだけ買って帰ろうかと思ったが、せっかくここまで来たし、逆に90分も待ち時間があるならどっかほっつき歩いてればいいだろと考え、奥さんの実家に渡す分も含めて一気に16個注文して車を走らせた。

14:40

以前から気になっていた喫茶店に入る。山羊のいるお店。
ログハウスを改造したようなセンスの良いお店で、気に入った。コーヒーも美味しかった。

店主の奥さんか単なる店員かは分からないが、30そこそこの女の人が給仕してくれた。声がビー玉みたいに澄んでてコロコロしてるのが印象的だった。
奥さんはずっと山羊に話しかけていた。

15:00

帰路につきながら大判焼きを頬張る。皮の3倍あんこが入っていて美味かった。渋いお茶とと合わせたらさぞかしうまかろう。あんことコーヒーって合わないことはないけど、ベストマッチとまではいかないよね。

18:00

一旦家に帰って昼寝をブチかました後、少し離れたところにある本屋へ。最近開拓し始めたルポルタージュものと、開高健の短篇集を購入。この作家は初めて読む。だいぶ分厚く、小説にしては値段もそれなりに張った。
最近、岩波文庫にハマっている。無骨なカバーデザインも良いし、ものによっては挿絵が入っていて中休みがしやすい。
注釈の打ち方も、同ページ内に収めてあるのでいちいち巻末を引っ張り出さなくて良くて読みやすい。新潮ばっかも飽きてきたから、こっちの方も手を出してみようかなと思う。あ、角川は嫌い。

23:00

夕飯を済ませ、奥さんの実家に寄り、諸々の用事を済ませて今に至る。今日はそれなりに充実した一日だった。
来週の日曜日は、友人のKを誘って県外の水族館に行く予定。師走ぐらい楽しんどこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA