エミぃ日曜日

先週の日曜日、富山県魚津市へ遊びに行ってきた。

・7:30 起床
前日、昼寝をカマしすぎたのと諸事情が重なり床に就いたのは午前4時を回っていた。でも不思議と「大丈夫これは寝不足ではない」という確信を持ったまま眠ったので、起きたときそれほど辛くなかった。何なら6時間くらい寝てる平日よりも寝覚めが良かった。

・8:00 出発
花柄のシャツの上にワインレッドのニットを着込み、襟だけ花柄を覗かせた通称「いつ行っても居るバーの常連スタイル」をキメ込んで自宅を出発。

・10:00 魚津水族館着、Kと合流
魚津水族館に到着し、Kが到着する前に入館し、入り口付近で暇をつぶす。
はずが、奥さんがトイレに行く際にショートカットを使ったら速攻でメインディッシュのアザラシとご対面してしまった。
以下写真。

魚津水族館は、規模こそ小さいものの、それを認めたうえで上手に展示してあるので好感が持てた。基本的にはこういうちょっと珍しいぐらいの魚がメイン。

メインディッシュ①のアザラシ。これで30歳を超えているというのだからすごい。人間でいうところのおばあちゃんぐらいなんだってさ。

メインディッシュ②のペンギン。手前のコイツはしじゅうカタカタ震えていた。歳か?それとも寒いのか?

・12:00 昼食
本当は「はじめ家」に行きたかったが、物凄まじい人の数により断念。次に「山久」に行こうとしたが、ここも満員だったので断念。市内をうろうろしつつ、昭和の雰囲気をガッツリ残した老舗のラーメン屋にたどり着く(名前は失念した)。

昔ながらのレトロな店内。僕とKは二人して「エミぃ」「エミぃね」と語り合っていた。 ※エミぃ ・・・ 「エモい」の変化。「眠(ねみ)ぃ」みたいなノリ。

・13:00 かまぼこ館
道中の看板で「かまぼこ館」なるものがあるのを知ってテンション爆上がりした奥さんの提案で向かうことに。

生産ラインを無料で見学できた。

僕たち夫婦はほたるいかの生姜漬けを、Kは酒の肴として甘のしいかを購入。

・13:30 ~ 16:30 埋没林博物館
「まだぜんぜん遊べる」ということで、全く興味は無かったが埋没林博物館へ向かうことに。
入館料は520円。これがたとえば1,100円ぐらい取ってくるようだったら多分行かなかった。そのレベル。
一応、パンフレットにはお洒落なカフェが併設されていると載っていたので、僕の意識としてはそっちがメインという形にしておいた。
以下写真。

外観。円錐型の建物は遠くからでも良く目立つ。

シンプルなようで、実は影にも気を遣ったお洒落なデザイン。

これは水中に展示された大ケヤキの根。ジブリ感がものすごい。ものすごくエミぃ。

結論、埋没林博物館はめちゃくちゃエミぃ。

17:00 帰宅
無事帰宅。その後魚津水族館のお土産コーナーで手に入れた「まねっこチンアナゴ」でしこたま遊ぶ。

話話しかけると、上下にヒョコヒョコ動きながらその言葉をリピートする。
あまりつくりが良くないのか、動くときにモーターの駆動音がガッツリ聞こえる上、リピートする音量もなかなかデカいし声はコロ助みたいなので騒がしいことこの上ない。僕はこういう畳みかけてくる系が好きなので、独りで話しかけては爆笑していた。

奥さんは呆れかえっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA