2020-03-08

11時前後に起床し、身支度を整えてTOYOTAへ向かった。
今現在乗っているエスティマハイブリッドは、父親から譲り受けたもので、名義は会社のものになっている。所有者は僕だが、完全に自分のものではない。ローンは既に終わっており、5月には車検が控えている状態。
オリンピックの開催までには今の会社を辞め、mzfkさんと商売を始めるとしても、さしあたってこの車がネックになってくる。父の方針に納得がいかなくて会社を辞めるのに、父から譲り受けたものをそのまま使い続けるのは、僕も奥さんも気分が良くない。だから返却するか、くれるといえば貰って売却する。幸い人気の車種らしく、11万キロオーバーでもそれなりに値が付くらしい。
新しく買う車は、新車のヴェルファイア。これから家族が増えることも想定して、長く使えるでっかい車にしよう、と奥さんと相談したうえでこれに決めた。
車体本体の価格、オプション、等々を含めた全額は600万円近く。残価設定5年で支払っていくとすると、月々の支払額は約8万円。今なら金利が3.9パーセントから3.0パーセントまで落とせるそうなので、最終的には75,000円くらいで新車のヴェルファイア(求めるオプションはすべて込み)に乗れる。検討しているヴェルファイアは展示品として使われていたもので、新車には変わりないがそれでも40万円ほど値引きされている。月々この価格でこの車に乗れるのは、かなりラッキーと言っても良い。
月々75,000円の出費はデカイが、かといって妥協してヘンテコなミニバンを買うのはいけない気がする。mzfkさんとの商売が軌道に乗るまで…とか悠長な事を言っていたら、いつまで経っても自分の車が持てない。僕ももう26歳だし、25年を一区切りとして、青春、朱夏、白秋、玄冬、で人生が移ろっていくのなら、もう僕は朱夏に入った。これから50歳までは、殺してくる夏の、じりじりした日差しを凌ぎながら頑張っていかなければいけない。そう考えれば、多少の苦難はむしろ歓迎すべきじゃないだろうか。本当は、こんな俗っぽい考え方は嫌なんだけど。自然とそうなるのならまぁ、仕方がない。

若松英輔の詩集「幸福論」を買った。詩集を買う男なんて厭味ったらしいかもしれないけど、そんなこと言い出したら書いてる人はもっと厭味ったらしいことになるので閉口する。第二次世界大戦をモチーフにしたFPSゲームで、塹壕に手投げ弾をブチ込んで狂喜乱舞してる男が、夜な夜な詩集を読んでるなんて、世の中まったく分からない。分からないこそ知りたいと思うし、また、未来がどういう風にして僕の手を引いていくのかにも興味がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA