たぶん good day

SuiseiNoboAzの「liquid rainbow」を聴き耽っていたら、唐突として頭に『這う虹』なるエモい観念みたいなものがこびりついて離れなくなってしまった。当たり前だけど12月は寒い。液状の虹ってたぶん水に浮いた油とかだろうと思う。それはいつでもどこにでもさりげなくあって、それがみんなを助けてくれる。瞼の裏に彼岸花が咲く。虹の話を聞きに来たのか? …

###

FH000028

仕事の帰りにカメラのキタムラに寄って、現像を頼んでいたフィルム2本分のデータとネガを受け取ってきた。帰宅し所用を済ませた後、すぐにblur.meへとアップロード。けっこういい感じに撮れたのが多いと思っていたけどそうでもなくて、でも狙ったやつはバッチリかっこよく映っていた。フィルムを変えたりなんかするともっと映え方が違ってくるんだろうか。それよりいまはモノクロフィルムの現像が待ち遠しい。

FH000027

これはお気に入りの一枚。水の描写が美しい。

###

数日前、blur.meのサイトデザインを修正していた時にふと思ったことがあって、これはできればそのうち実現したいなと思っている。
文章を書くのが好き、もっと言って、趣味で文芸をやっているという人たちは、インターネットの世界にはかなりの数存在している。しかも粒ぞろいで、それぞれ書くものには個性があふれていて面白い。noteやはてなブログ、Tumblrなどそれぞれの媒体にバラバラになって存在しているこういう才能ある人たちを一か所にまとめて、コラムなり日記なりを好き好きに書いてもらい、それをメインコンテンツにするサイトなんかを作ったらけっこう流行りそうだなと思う。おれはこれでもけっこう長いことワードプレスをいじくってきたので、サーバーレンタルおよびドメイン取得、ワードプレスの管理、編集、運営はそれなりにできる。とりあえず構想をまとめて、どっかで告知とかして、そのうちでいいから人を募ったりしてみようかなと思う。ゆくゆくはそれがでっかくなって、寄稿者は全員「ライター」という形をとるようになり、好きなものを好きな風に書いてさらにお金まで貰える、という夢の副業みたいなものが作れたら幸せだなと考えている。