無日

ん?

どうやら新年初めての日記らしい。予定が無ければパソコンを触らないという日々が続いている。スマホで長文はよほど根性が無ければ無理。
帰宅して風呂から上がって、imaiくんの「XP」を爆音で流しながらにわかDJごっこをしていたら首をしこたま痛めた。たぶん明日首が回らないと思う。家計も首が回らない。うまいこと言って風説から逃れる日々の連続。不思議とストレスは感じない。頭のどっかにあるストレスをストレスと感じる回路がぶっ壊れてて、それでおれはこういう風になったんだと思う。人生は一本の珍棒だ。立つときだけ立ち、あとは首を垂れていればそれでいい。カンフル剤をぶち込んでいつでもギンギンでいてやろうとするのは、見栄ですよ。性ですよ。逆インポテンツですよ。

明日は有機溶剤作業主任者の講習がある。明後日はその試験。試験を受けるなんて何年ぶりだろう。勉強するなんて何年ぶりだろう。ここ数年好きなことしか頭に入れてないので、誰かがこさえた一種の論理体系に対してアレルギー反応が起こったりしないかしらん。

記事の案件をこなしている。3,000文字が書けなくて難儀。たまにモニターから顔を逸らして歌ったり、煙草を吸いに外へ出たり、そんなことを繰り返している。思えばおれの人生も凡庸極まりない。胸を張って異常だと言えるのは、笑いのセンスと笑いのツボだけ。休憩中に「ウンポコポン」とか「ウンチョチョマス」とか送りあって笑ってる26歳男性、控えめに言って死んでると思う。もう30歳の声がかかるというのに。そろそろ真面目に生きなきゃいかん。性欲ないけど。食に興味もないし。睡眠欲だけ割とある。今日は見知らぬ宇宙人に水中呼吸の技を習う夢を見た。水中呼吸してえな。