11月の読書

41WffdEsskL._SX344_BO1,204,203,200_

・ギ・ド・モーパッサン / 女の一生

修道院を出たばかりの無垢な少女、ジャンヌを主人公に、波乱に満ちた一個の『女性』を描いた作品。

めちゃくちゃ面白かった。とことんまで不幸になっていくジャンヌに追いつけない苛立ち、女性のカルマ、そういうものが凝縮されていて、一冊で十冊も読んだ気分になった。
女性というのは、男一人で幸福になることも、不幸になることもできる。それはいつの世も変わらない。ジャンヌが幸福になれず、不幸の裡にその生涯を終えることになったのは、ある意味当然であるとも言える。彼女は何もしていない。何もしていないから、不幸になった。それだけの生涯だった。

どれだけ悔しくとも、それが人生。それ以上でも以下でもない。不幸は不幸のまま、幸福は幸福のまま過ぎ去っていく。
ラストの台詞が印象的で、言葉に詰まった。

51k5BAn8YCL._SX344_BO1,204,203,200_

・中島らも / 世界で一番美しい病気

夏に読んだ中島らもの再来。内容カブってるところもあったけど、基本読んでないものばっかりだったので良かった。
今回、爆笑まではいかなかったが、それなりに笑った。特に「モテてる奴への嫉妬」みたいなのには、共感した。モテてる奴全員地獄に落ちろ!!堕ちろって!!堕ちてください!!

あと、ファンの美少女を抱いた話で、中島のEDが発覚し、勃たないならせめてと丁寧な前戯によって彼女を満足させていたが、EDが治って男根がバキバキになって喜んでた矢先にフラれた話は意味わからなさすぎて笑った。女の子側がEDにしか興味の無い子だったというオチだったけど、そんな人本当に居るのか。

51um31u6SoL._SX350_BO1,204,203,200_

・三島由紀夫 / 不道徳教育講座

クッソ面白かった一冊。三島独自のユーモラスな視点で、世の倫理観や道徳観をバッサバッサ切っていく痛快なエッセイ。
印象に残ったのは、「肉体的教養」とかいう造語。いっぱしの男が精神的教養を身に着けているのはもちろんだが、それと同様、太鼓腹を自慢げに叩いて見せるのを良しとしない肉体的教養も身に着けて然るべきだ、みたいな論。目から鱗だった。
他にも、「知らない男と酒場へ行け」だの、「弱いものはいじめろ」だの、「女は殴れ」だの、莫大な数の批判の投書が三島の元へ届けられたことが安易に想像できるものばっかりで最高だった。

*** *** ***

mzfkさんと一緒に仕事をしていると会話がメインになるので、あまり本が読めない。だから小説はあまり読めなかった。
家に帰ってからはモンハンに誘われたりするので、わずかな時間を見つけて読んだ感じ。