12月の読書

41Jk2r8zglL

・ギ・ド・モーパッサン / 脂肪の塊 ロンドリ姉妹 (モーパッサン傑作選)

階級を充てられた人間の持つむき出しのエゴイズムに焦点を当てた中編『脂肪の塊』と、旅の追憶を甘美に描き出した中編『ロンドリ姉妹』。他短編多数。

まず『聖水係の男』でほろっとした。「パパのピエール!ママのジャンヌ!」というこの台詞、言い回しがドラマチックで、読んだ直後に「ああいい話だなこれは」と思い、続けて読み返した。

表題作にもなっている『脂肪の塊』は、人間の持つ露骨なエゴイズムに直に触れた女性の不幸を描いたものだが、むき出しの人間味は悲壮感というよりもむしろユーモラスに思えた。最期にさめほろと無くブール・ド・スュイフ(脂肪の塊)が、センチメンタルに心を犯された滑稽な女のように見えた僕は、薄情者だろうか。
正しいとか、間違っているとか、道徳とか倫理とか、そういうものを抜きにした人間本来の魂、それを垣間見た気がして心底愉快だった。人間、かくあらねば人間とは呼べまい。

『ロンドリ姉妹』は、ユーモラスな雰囲気をベースに、イタリア旅行の際に出会った美しい娘との邂逅を追想する物語。
男という生き物の、女という生き物の、生物学以上の違い。男は何を想い、女は何を想うのか。
この作品は、距離感がものすごくよかった。誰かの又聞きと言っては遠すぎ、かといって実体験と言えば近すぎる。文学作品と言っては味気ないし、映画に形容するのは気が利かない。つまり、気を許した自分の友人が、ひと夏の間にこっそり作った秘密を打ち明けてくれた時のような、本当にちょうどいい距離感が保たれている。
そして何と言っても最後の一文が良い。僕も男だ、分かるとも。

『持参金』は、新婚の女性が旦那に金を根こそぎ持ってかれて途方に暮れると言う、ただそれだけの話。スピード感が凄い。そして男にぞっこんとなった女性にのみ宿る乙女性の片鱗たるものを感じさせてくれた。
中島らもは、恋のことを「病気」と言ったが、それはあながち間違っていない気がしないでもない。僕としては、それではあまり直喩にすぎないかとクエスチョンを挟んでやりたいところだけど。

*** *** ***

12月に読めたのはこの一冊のみ。何をしていたか忘れたが、ともかく、あまり読書に割く時間が無かったようだ。