1月の読書

71YLrbbu56L

・川瀬 慈 / ストリートの精霊たち

エチオピア、アムハラ州にあるゴンダールに滞在し、ストリート(路上)を通してその文化に触れ、回顧する一冊。
ゴンダールの治安は決して良くない。日本に比べるといろいろなものが劣悪である。貧しくて、汚くて、騒々しくて……しかし筆者は、そこに激しい郷愁を覚えてならないと語る。あのストリートに渦巻く温度が、遠く離れた日本に居る彼の心を掴んで離さないのだと。
ゴンダールに存在する宗教、思想、音楽を、筆者は人類学者としてではなく、あくまでも一個人として体感する。激しい郷愁の根源はおそらくここだと僕は思う。誰しもが実家に帰ると丸裸の自分で居られるように、川瀬氏もまた、ゴンダールのストリートでは裸の人間でしかなかった。すべての肩書を捨て、自分もストリートの一員として没し生活した日を懐かしむのは、当然のことだと言えるだろう。
本書に登場する「精霊たち」は、みんなとても人くさい。ストリートはいわば、人工のジャングル。そこで生き抜くためには、良いも悪いも無い。ただ生き抜いたものが正しい。それが彼らを人くさくさせる。僕も歳食ったら訪れてみようかな。そんで伝統食のインジェラでも食おう。

51LuIXJbNOL._SX351_BO1,204,203,200_

・中村文則 / 土の中の子供

そこそこ名前を聞く作家だったので、古本屋で見かけたときに興味本位で買った。芥川賞受賞作品だそう。
現代作家のものは、何といっても読みやすい。普段は海外の作品やら日本の古い作品やらばっかり読んでるので、スラスラと読めた。
田中慎弥もそうだったけど、作家にとってやはり「カルマ」とか「魂」とか不変のものに抗う人間を描くのは、一種登竜門的なところがあるんだろうか。
「土の中の子供」は全体的に暗くて陰惨としてて、でもどこか常に薄明りの差しているような、そんな作品だった。ラストをどう捉えるかによってまたイメージが違ってくるんだろうけど、僕はとりあえず前向きに捉えておいた。

41X13RTCGRL._SX310_BO1,204,203,200_

・ヴィクトール・E・フランクル / 夜と霧

ナチスの強制収容所をたらいまわしにされた精神科医、フランクルの回顧録。
本書は、強制収容所での暮らしの凄惨さを糾弾するものでは決してなく、あくまでもそこで過ごす人々(主にフランクル自身)の内面的な動きについて考察されたもの。フランクルは精神科医であるが、本書は別に学術書的な趣は無く、誰か読んでもためになるものになっている。
明言に次ぐ名言、理解を超越したフランクル自身の実感は、「生きる」ことの真の意味を顕現させる。「人生に生きる意味を問うてはならない、我々が人生に意味を与えるべきだ」とか、「人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかしまた、ガス室に入っても、平然と祈りの言葉を口にできる存在だ」とか。
何かに躓いた時、何度も読み返したくなるような、そんな良い本だった。