2月の読書

51yWUS3eOlL._AC_SY400_

・もうすぐ絶滅するという煙草について

正真正銘、煙草にまつわるエッセイのみを集約した喫煙者必読(かもしれない)の本。
開高健、あさのあつこ、谷川俊太郎、中島らもといった著名人の文章を集めたもので、フザけているようでなかなか読み応えがあって面白かった。
寄稿者は、幼稚園に上がる前から煙草を吸っている、喫煙歴70年にもなる生粋の喫煙者から、産まれてこの方煙草を吸ったことも無い非喫煙者まで様々。一貫して述べられていたのは、「喫えない時間が長く続いた後の一本ほどうまいもんはない」ということ。あと笑ったのは、筒井康隆の「小生は文章を見ただけでそいつが喫煙者か否か分かる。非喫煙者の文章はまとまりがない」という一節。そこまでいかんでも。あとは内田百聞という人の「煙草は大事」という一言に心を奪われた。そう、煙草は大事。だいじな煙草は、だいじにだいじにせねばらない。煙草を胸ポケットにしまっておくのは、煙草が大事だからに他ならない。

 

515CW3RJ58L._SX334_BO1,204,203,200_

・トルストイ / トルストイ民話集

トルストイ晩年の思想に基づき書かれた民話が5つ、収録されている。
ストイックさが売りのトルストイだが、これらの民話は説教臭くなく、純粋に「おはなし」として読んでも面白い。ただ相変わらず宗教色は強い。
特に、表題作にもなっている「人はなんで生きるか」が気に入った。「なんで」というのは、「どうして」という意味ではなく、「何によって」という意味になる。堕天使となったミカエルが、人間界で徳を積み、三度笑って天界へ帰るという、洗練された構成の、美しい物語だった。
どの民話も、ほぼ一節たりとも無駄な装飾がされておらず、淡々としていて、一貫した教義を感じさせるものになっている。僕たちのような凡人の蒙を開くのは、文芸よりむしろ教典だと、トルストイは知っていたのかもしれない。エンターテイメントとして捉えるにはあまりに教化的すぎるこれは、それでいて物語そのものが面白いという、見事な矛盾を抱え込んでいる。