osanpo sunday

天気予報をアテにして就寝、7時半起床。窓の外は曇り。しばらくベッドで夢と現を行き来しつつ、8時15分本格的に起床。
寝惚け眼の奥さんを寝床に残したまま、洗顔歯磨き寝癖直し。もう26歳と3か月だから当たり前なんだけど、こんな普通のことをよくもまぁ自分みたいなクソの木偶が他愛も無くできるようになったなとしみじみする。
リビングに降りてから菓子パンをかじってチャイティーを飲む。奥さんが降りてきて、「頭いて~」と唸っていた。彼女はいわゆる片頭痛持ちなんで、寝すぎたとか低気圧だとかご飯を食べてないとかいろいろな理由ですぐに頭痛を起こす。とりあえず2人して外に出て煙草を吸った。空にはうすい雲がかかっていて、お世辞にも快晴とは言えなかった。前日の晩、どこ行くそこ行く能登でも行くかと計画の輪郭を撫でる話をしていたのをちょっと思い出して、ちょっとげんなりした。

せっかく午前にきちんと起きてステイホームするのもあれなので、パルムをワンワンカートにブチ込んで散歩に出かけた。カメラを首からぶら下げて。
曇りの日特有の、粘っこい風が街に溜まっていて、歩いているとなんとなく暑かった。町内の細かい路地をぶらつきつつ、浅野川の方を目指す。この川、二級河川だっけ一級河川だっけと思って今調べてみたら、犀川の二つ名「男川」と対を成す「女川」という二つ名があることを知った。ちなみに二級河川だった。

カートに乗って1ミリも動いていないのに、ベロ出してハァハァしているワンワン。まぁ暑いからな。というか、ワンワンってふつう歩きたがるものなんじゃないかな…まあ、パルムは違うんだろう。

散歩から帰ってきて11時過ぎ。適当に昼飯を食って、ソフトバンクショップと買い物に行った。ソフトバンクショップはなんか満席でめんどくさかったので後日に回す。晩飯はサイゼを食らう。
いつも思うのが、辛味チキンを出すとき一緒におしぼりを追加で3枚くらいくれないだろうか。手がベッタベタになるし、紙ナプキンだと破れて指にくっついてウザったいし、おしぼり一枚だとヨレヨレになって最後の方使えなくなるし。
期間限定メニューだった「ラム肉の串焼き」、茨城夫婦の夫の方が絶賛していたので食べてみたが、カサカサなうえに「やみつきパウダー」なる奇異な粉末がメッチャ不味くてダメだった。僕は一本全部食べられたが、奥さんは「ダメや…気持ち悪い…」と言って僕に寄越してきた。これにより、茨城夫婦の夫の方はベロがマジでバカという烙印を押される羽目になった。まぁ、好みは人それぞれって、そういう利口なことも、たまには言っておくとするか。