木(曜日)阿弥

朝からすごい雨だった。矢が降り注ぐかのような。比喩が下手過ぎたか。
出勤してからスマホを見たら、充電が30%くらいしか無くて焦った。寝てる間うまく充電されなかったらしい。眼鏡屋からの電話とれなかったらどうしようと不安になる。が、結局眼鏡屋からは連絡が無かった。テンションが下がる。生殺しはやめてくれ。
仕事をしていたら蒸し暑いわクソ狭いわでメチャクチャに汗をかいた。だから夏は嫌い。うざってぇから。体力もってかれるから。クソ。もうしばらくはパリピどもが街を席巻か。冬になってみろ、おれはおまえらと一緒にコタツに入って麻雀すんだよ。付き合えよ。
その他、特筆することは無い。印象に残っているのは、夕方雨があがって濡れた街が綺麗だったことぐらいか。それと昨晩、書捨文(kakisutebumi)というアカウントを作ってaskを募集したら、想像以上に投書を貰えたので良かった。真摯に紡がれた言葉には、とびきり真摯な言葉で返事を。これからもどうぞよろしく。ともかく今は、眼鏡の完成が気になって仕方ない。

それと今晩は、キャンプの場所について話し合うつもりでいる。でも東京で200人以上の感染者が出ている今、敢行できるものかどうかが不安。「夏になって気温が高くなってきたらコロナは死ぬ」とかデマ流してた人たち、今ごろ元気でメシ食ってっかな?それとも、村八を恐れて夜も眠れないとか?どのみちおれには関係ないが。