頷き、ロモCN400

妻と愛犬を連れて宇奈月温泉駅まで行ってきた。
8時に起床していろいろ身支度を済ませ、9時ごろ出発。高速使って1時間半ほどで到着。
妻は野生の猿を目的としていたようだが、あいにく行きの道中に見れたぐらいで、後は遠目にちら、ほら、ぐらいだった。それより何より観光客がすごかったので、人混み嫌いの僕と妻は人の流れとは反対方向に足を運んだ。

到着直後の宇奈月駅の様子。スマホで撮影。
右の方に向かうと観光名所があり、ずーっと進んだ突き当りには宇奈月ダム。
左の方は宿場町みたいになっていてホテルとか旅館が林立している。あと土産物屋とか。これといって見るべきものは無い。僕たちはその見るべきものも無いところに向けて足を運んだ。ただ人混みが嫌で嫌で。

歩いていたら妻が見つけた猫ちゃん。使用機材は愛用のOLYMPUS M-1に、今回初使用となるLomography Color Negative400。この写真はたしか適正露出で撮ったはずだが、どことなくシアンがかぶっていて美しい。物憂げというか。

わざわざ観光地に来て、おとなしく紅葉とかトロッコとか見てればよいものを、人混みを避けるあまりこういう路地みたいなところを散策するばかりになった。でも楽しかった。優れた被写体がたくさんあって、「これはひょっとしてトマソンなんかが見つかるかもしれない」と一人昂っていた。妻はトマソンが何のことかまったくもって知らないし、説明したところで興味も無いだろうから、カートに愛犬を乗っけてずんずん進んでいった。関口食料品の写真はお気に入りの一枚。

原爆タイプのトマソンかなあ、とも思ったけど、なんとなく微妙。というよりよくわからない。とにかく廃墟じみている。

スマホで撮影。どう考えても観光名所からは外れている。クマが出てきてもおかしくない。

このあたりから雨が降り始めてきたので、とっととおいとまするべく車まで歩みを早める僕たち一行。せっかくなんで観光名所の方も見て行こうか、と妻に提案したが、生返事を寄越した上に雨が本降りになってきたので宇奈月を後にした。滞在時間2時間程度。

次。約1時間かけてやってきた富岩運河環水公園。訪れるのは初めてじゃない。何度も足を運んでいる。主に特別な日とか、二人の機嫌が良い日とか。昼飯は途中のパーキングで適当に済ませた。

ここでもシャッターを切った。ちなみにこの環水公園にあるスタバは、「世界一美しい」と冠されている。世界一だって。世界一ロマンチックとかならまだ頷く気にもなるけれど、美しいとか言われても閉口するしかない。その辺は見る人ごとに感想が違うだろうから、下手なことを言って論争の火種を散らすのはよそう。個人的な意見としては、世界じゅうをくまなく探してみればこれぐらいは山ほど見つかりそうなもんだが。

テクテク往く。構図を考えながらシャッターを切る。人間の姿が映ってしまうと、途端に写真に訴求力が生じるので、極力入れないようにした。このフィルムの使い方としては一応これで合っていると思う。一応公園の全景を写したのもあるが、あまりにもしょうもない写真なので誰にも見せる気はない。いっぱしのアーチスト気取りみたいになってきたな。
ぐるっと回って滞在時間は1時間ほど。なんとなくクタクタになりながら、帰りにカメラのキタムラに寄ってフィルムを現像に出し、それが今日の写真。暖かい風呂にも浸かったし、blurの方に写真も載せたし、今日やるべきことは全部済んだ。残りの時間はマリカーでもやって過ごそうと思う。