パスファインダー

自家現像の許しをもらってから、カメラのことばっか調べたり考えたりしている。趣味をやるのは楽しいが、薄給の身としてはランニングコストと折り合いを付けなければいけないのがクソ厄介。
フィルムの価格は高騰の一途を辿っているそうで、36枚撮り35mmカラーネガフィルムが平均800円ぐらい。いいものだと1,300円ぐらいする。ざっくり計算で1シャッター22円~36円。20枚撮ったら煙草一箱買える。
同条件で本/500円前後のものもあるけれど、値段で選ぶとなると選択肢はかなり絞られてくる。kodakのgold200なら本/598円で、Amazonで買うならこれが最安値。次点でkodak ULTRAMAX400が本/718円。常用するなら多分このあたりが限界。Lomography CN400は本/960円なんでかなりのぜいたく品。バシャバシャ切るのはさすがに躊躇する。
自家現像やるならモノクロネガも、と思ってこっちも探したが、カラーよりも需要があるのかこっちの方が安い。フォマパン40036枚撮りが本/594円なんで良心的。バルクのものなら本/365円まで抑えられる。別途フィルムローダーを買わんといかんが、まあ中古で1万円以下ぐらいなら検討する価値はあると思う。とにかくランニングコストを抑えないと、そのうちこの趣味が家計を圧迫しはじめて、シャッターを切るのに別の理由が必要になってくる。「これ本当に必要か?」は、趣味の世界では絶対禁句だと思う。生活に不必要なことをわざとやるのが趣味だと考えているから。ファインダーを覗くときは、心をカラにしちまわねえとね、とか、カッコつけるのも許してほしい。
ゆくゆくはキタムラの厄介になるのもやめようと思っているから、フィルムスキャナーも欲しい。6万円くらいするので当分買えないけど。もし手に入れられたら、撮影から現像、編集まで自宅でできるからいろいろ捗る。そのうち暗室も持てたら文句なし。

このサイトももう少しで3周年を迎える。アーカイブを見てみたら、月に9回日記を更新するのはこのサイト始まって以来のことらしい。快挙だ。ついでに、ブログが3年続いたのも初。ダブル快挙だ。