camp , camper , campest

はいもういい加減にしよう。あれから一週間経ってるし、10月分の読書感想も書いたし、そろそろ書き上げてしまおう。先週のキャンプのこと。

11/7 (土)

6時15分起床。諸々の準備は前日に済ませてあったので、身支度を整えてクーラーボックスに食材をカチ込み出発。
本当は隣県のKを拉致ってキャンプ場に行くつもりだったが、前日突然仕事の都合が付かなくなり断念。もう終わったことだからサラッと書いてしまえるものの、金曜日とかは割とガチで落ち込んでいた。2回連続はさすがにキツい。なぜか当日になったらそれほど落ち込みもしなかったけれど。

道中。パーキングの猫ちゃん。岐阜県あたりか。この時はまだ晴れていた。ひたすら紅葉がきれいだった。猫ちゃんの並びがジャケ写っぽくてカッコいい。左の子の隠れがちな姿にシビれる。

車を走らせること3時間強、長野県は阿智村に到着。向こう夫婦とも無事合流。こないだみたいにスーパーに集合して食材を調達した。うちらは特に買い足すものも無かったので、朝飯用の食パンとベーコンだけ買って向こう夫婦の愛犬と戯れるなどして時間をつぶした。
天気が怪しくなるにつれて気温が下がり始め、さすがに寒さに強いおれでも綿パンだけでは少々キツくなってきた。このままいくと夜、寒さにやられて夜這いでも仕掛けかねんと思ったので、コメリに寄ってゴツめのレギンスを調達した。
昼飯どこで食おうという話になったが、向こう夫婦の愛犬がいるため店には入れず、コンビニで適当に買って済ませた。関東地方のコンビニに売られているおにぎりは味のりだということを初めて知った。

チェックインは13時からだったが、さすがに時間をつぶす方法もなくなってきたので、12時過ぎにコンビニを出発。たぶん12時半くらいに到着すれば融通を利かせて入場させてくれるだろうと思っていたが、そうは問屋がなんとやらだった。普通に30分待たされた。

どことなく人のよさそうなおっちゃんから説明を受けた後、キャンプサイトななつ星に入場。

サイトとキャンプ場全景。おれらのサイトが一番上部に位置していて、星を見るには良いらしい。けど生憎の天気。正直言って星空は見れたらいいなぐらいに考えていたので、そんなに強力なセールスポイントでもなかった。

雨が降る前に設営。写真手前、snow peak一式がうちら夫婦。写真奥、D.O.D.のやどかりテントが向こう夫婦。映っているワンワンはひのまる。フレンチブル。かわいい。

テント内。はっきり言って屋外でこのクオリティってやばすぎてすごいと思うし、寝るのが楽しみでしかない。床に敷いたマットレスの下にはゴツめの銀マットが敷いてあるので、冷気対策は万全。床の凹凸も全く気にならない。

音楽をかけたり酒を飲んだり煙草を吸ったりいろいろしながらくつろぐ。はじめ小雨だったものが本降りとなり、タープのたゆんだところからジャバジャバ水が落ちてきてうざったいので傘でガードした。本当ならこの時間は、焚火を囲んで世間話でもするのがキャンプらしいキャンプなんだろうけど、この時のおれらは雨を挟んで大声で会話をするしかなかった。楽しかったけど。

どうしても焚火がしたくて、タープの下で地獄の窯みてえに薪を燃やすおれ。炎は危ないけど見ていると癒される。爆ぜる音が雨の轟音にかき消される様も、なかなか趣があってきらいじゃなかった。

そして晩飯はすき焼き。すき焼きを食うために生まれてきて、すき焼きを食うために仕事して、すきやきを食うために世を呪い、すき焼きを食うために愛を悟った男なのだから、キャンプに来てすき焼きを食うのは必然である。我が国が誇る最高の文化。口内で完結する幸福。味蕾の絶頂。焼き豆腐の暴力。
向こう夫婦はうちらのすき焼きが出来上がるまでに肉を焼いておすそ分けしてくれたり、アヒージョを作って持ってきたりしてくれたんで、うちらもすき焼きをふるまった。
雨はいよいよ豪雨となり、声なんてほとんど聞こえないのをいいことに、一口含んでは天に向かって「サイコォ~!!」って叫んだりした。向こう夫婦の奥さんも「春菊ウメェ~~!!」とか叫んでいた。かわいい。

飯を食った後はチルタイム。おれも飲めないながらもほろ酔いでなんとか応戦し、それなりに酩酊した。途中、運転の疲れが出たのか満腹になったのが効いたのか、コナンに麻酔薬ブチ込まれた小五郎くらい眠くなってきたので、一足先に眠ることにした。寝心地は最高だった。

その後は、寝たり起きたり、煙草吸ってみたり、コーヒーを飲んでみたりしながら、10時ごろには就寝した。深夜の2時に星が見えるくらい晴れるとキャンプ場のおっちゃんが教えてくれたので、アラームをセットしたが結局起きなかった。深夜か、朝方か、ともかくまだ日が昇っていない時間、トイレに行きたくてテントの外に出たときはガッツリ曇っていて星はまったく臨めなかった。おっちゃん嘘ついたん?

11/8(日)

7時起床。寒い。湯を沸かしてコーヒーを飲む。
タープに死ぬほど松の木のクズみたいなのが積もっていて萎える。明るくなってからよくよくテントを観察すると、フロアシートはビチャビチャで泥まみれ、家具も泥やら水やらでグチャグになっていて萎えた。
この日はひたすら後片付けをして、近所の銭湯に入ってから帰宅した。銭湯の写真は撮り忘れたので無い。

仕事のこともあるし、次いつやれるかは未定。できれば5人で、最低2泊3日で、もっと広いところで、天気の良い日に、やれたらいいなと思う。