イイフウフノヒ

ようやくフィルムを現像に出せたので、11/22の日記でも書こうと思う。

遡ること約半年。然る春の夜に、一通のLINEを受け取った。
「もし、あなた、この度わたくしども、結婚式を挙げることに致しまして、仔細はこれこれ。ぜひぜひお招きいたしたく、云々」。
新郎のKは小学校の同級生で、当時こそよく遊んでいたが、中学に上がるとともにほとんど会話を交わす機会も無くなってしまった。そんなさみしい仲ではあったけれど、忘れずにおれを呼んでくれたことがうれしくて、二つ返事で 「はい、出掛けて行きます。」と返事を書いた。
妙な縁というのはあるもので、Kが選んだ式場と会場はおれと妻が式を挙げた場所とまったく同じだった。なんなら時間も同じだった。その式に、こないだの日曜日(11/22)出席してきた。

結論から言うと、とても良い式だった。26年も厭世家でよろしくやってるこのおれが、油断してるとふつうに感動した。

開始は13時。9時に起きて身支度を整えた後キタムラまで走り、フィルムを2本調達した。
11時45分に家を出て12時過ぎに会場到着。すでに何人か到着していて、外で煙草を吸っていた。合流するとみんなにこやかに迎えてくれた。おれの結婚式ぶりに会う奴なんかも居て、あれこれ言葉を交わしているうち、ああやっぱいいなあ、いくつになっても、こうやって友達と集まってアホみたいな話に終始して、それが全部許されているっていうのは、実に気分の良いもんだ、なんて、小便くさいガキの感傷を秋の風に溶かしてみたり、してみなかったり。

式が始まった。祝福と幸福がパンパンに詰まったチャペルで、粛々と儀式が運ばれていく。どこを見ても笑顔だし、どこを見ても光っていた。おれは無意識に、何度も深く息を吸った。

いい写真だねえ、これは。手前でカメラ構えてるKが少し邪魔だけれども、それを差し引いてもいい写真だと思う。

シャッターを切りまくっていたらあっという間にフィルムを使い切ってしまい、しかもそれが退場のタイミングと重なってしまったのであわてて再装填する。

披露宴にて。しかし構図の邪魔しやがるな手前のこのヒゲ。ちなみに言うと、さっきの写真でカメラを構えておれの邪魔をしやがった件のKがこのヒゲのイケメンである。映り込みやがって。
披露宴も良かった。何度も拍手が起こり、哄笑が起こり、それが全部新郎新婦のためだけにあった。それでおれは、きっとこの夫婦は良い家庭を築いていけるだろう、と確信した。綺麗事とは一つも思っていない。

乾杯酒だのカシオレだのハイボールだのをチャンポンしてドブドブ飲んでいたらすっかり酩酊した。手前のヒゲはビールばかり4本も開けて、それでいて素面みたいな顔をしているのでちょっと悔しい思いをした。
新郎新婦を囲んでスタッフにシャッターを切ってもらったのだけれど、スタッフの女性はクラシックカメラを触ったことも見たこともないらしく、狼狽した後なんとかシャッターを切ったようだったが、出来上がった写真はピンボケがひどかった。プロのカメラマンだからもちろん把握してると思ったんだけど、意外とそうでもないらしい。失敗されるならおれが撮ればよかった。

16時半、お開き。おれは訳あって二次会には出席できなかったので、妻に連絡して迎えにきてもらった。帰りしな、Sと「またな」ってハイタッチして別れた。それで家に帰って、その日はそれで終わった。

式の途中、おれはそれなりにでかい声で「アー、大人になったなア」って、わめいていた。今思ってみると、それは嬉しくて言ったんだった。大人になってしまったんではなくって、順当に大人になったなあ、という実感。シッカリめかしこんで、似合うかに合わないかはともかくスーツなんか着込んで、革靴響かせて、分かったフリして一瞥くれて。あの頃のおれらどこいった?いや、あの頃のおれらが今ここにいる。そういう実感が、あの時たしかにおれの頭の上に降りてきたんだった。それでおれはすごく幸せだった。大好きな奴らと卓を囲める幸せ、誰かの幸せを素直に幸せだと思える幸せ。もしかしたらおれを酩酊させていたのは、乾杯酒でもカシオレでもなくって、それだったのかもしれない。って、ここまで書くとちょっとサムいか。冬が近い。

*** *** ***

現像に出していたのは結婚式の写真だけじゃなくて、今月の頭に行ってきたキャンプの写真もあった。

KONICA C35にLomo CN400を装填して撮影。いい写真だ。本当はこのモザイク外したい。被写体は文句なしの美人だし、めちゃくちゃいい笑顔してるから。

OLYMPUS M-1にLomo CN400。普通にアーティストのジャケットとして使えそう。妻はいわゆる「ネガシャン」なのかもしれない。凡庸極まりない彼女の顔つき体つきが、フィルムに焼き付くとなぜこうも映えて見えるのか。気取らない佇まいとか、そういうのが作用してんのかなあ。

これもいい写真。好きな一枚。モザイクを外したい。いい顔で笑ってるから。ポートレートはあんまり意識して撮らないんだけれど、こういう風にいい写真が撮れるとポートレートもやってみようかなみたいな気分になる。まあ被写体はほぼ100%妻になると思うけど。

ようやく人のためにカメラを使えたので、撮影欲がもりもりと湧いてきた。ISO400なら多少の曇り空ではアンダーにならないと知ったので、これからはこの感度を常用していこうと思う。