師走

終日晴れ間。「花束よりも、貴方のキスで窒息したいわ」とか、そんなざれ言の聞こえそうな一日だった。水溜まりが街行く人々の呼吸を吸収していた。

クラウドワークスでクライアントと契約を結び、とりあえず12月は3,000文字の案件を7つこなすことになった。文字単価は0.6円。とりあえず自家現像キットはこのお金でまかなえる。早く始めたい。ネガスキャナも16,000円ぐらいのやつがメルカリに置いてあったので、売り切れにならなければ年明けにでもこれを買おうと思う。

年末調整の用紙を記入した。お役所のさせることは相変わらず面倒くさい。おれはといえば、所得のあまりの低さに愕然として、ボールペンをてのひらでくるくる弄ぶより他無かった。もう少し、もうすこしあると思っていたけれど、資本主義と数字はいつでも夢想家の敵である。がっくし、きたなあ。あの数字。

この記事を読んで触発されたのがきっかけで、これからはちゃんとコンセプトを決めて写真を撮ろうと考えた。なんとなく良いなこれ、でシャッターを切るというやつはもうフィルム30本分やったし、次は何をどんな感じで撮るか決めて、狙った通りの画が出せるように独学を貫いてみようと思う。で考察を育んで、基本の基本は基本が無いのが基本です、というところまでいってみようと思う。つまり、写真を撮るときの基本とかはあるんだろうけど、そういうのも一から構築しようという、これ、すごい試みですよ。ネガ何本消費したらいいのやら。

そのうち、おれのてのひらの皺に現像液や定着液がしみついて、酢酸のにおいが取れなくなったら、ひっそりと個展でも開きたいなと思う。