無題の日

8時30分起床。下に降りて煙草を吸ってからカレー味のカップ麺を貪り食う。外は寒風吹きすさぶわみぞれのなりそこないみたいなのが降ってるわで大荒れだった。Netflixを点けて「ハイパー・ハードボイルド・グルメリポート」を1話分見る。しばらくして妻起床。

お義父さんがアジの刺身食いたいから市場行って買ってきて、と言うので、10時過ぎに港へ。

市場は人が多くて、香箱ガニがずらっとたくさん売られていた。
おれたちはカニには目もくれず、写真手前の「朝とれ!!石川 あじ さしみ用 1尾550円」を二尾買って帰った。あの市場はみんな機嫌が良いから好きだ。

それからキタムラに寄って自家現像したフィルムをデータ化してもらった。

嬉しいから何度でも載せる。でもインスタは死んでも始めない。
亀は百年生きるそうだが、その間にどんなことを悟るんだろうか。こんなに小さな脳みそでは、臨終の段になってようやく「もしかしてPOPEYEってポップアイじゃなくてポパイって読むのでは…?」って悟る程度だろうな。亀って幸せ者なのかもしれない。

自分の手で一から現像した写真はやっぱり特別の感がある。ネガに映った像を見たとき、今まさに自分の内部で何かが音もなく大爆発を起こしそうな、あのガキの頃よく感じていた高揚感に近いものを、感じることができた。酒とか異性とかSNSとか、人はいろんなものに依存して生きているけれど、おれは童心に依存しているらしい。

夕飯はマルちゃん製麺の汁なし担々麺とレトルトカレーを食った。栄養の二文字から一番遠い食事だった。それで今これを書いている。