タイトルなし

終日暴風。ところにより雨・雪・あられ。気温は3℃。いくら寒さに強くても、あの芯に染みてくるような風だけは頂けない。体の中の熱を根こそぎ空に攫っていってしまうような、圧倒的な冷気。雪女の肌ってああいう風に絶望的な冷たさをしてるんだろうか。

帰宅してから飯を食い、チョコがたっぷりコーティングされたでっかいバームクーヘンを2切れ食べてコーヒーを飲む。甘いものはやめられない。そういえば健康診断の結果が返ってきていた。所見なし。正常そのもの。酒が飲めないから全く太らない。どれだけ食って惰眠をむさぼっても、体重は1キロも変動しない。もうそろ27歳を迎えるけれど、腹も出ていない。いい具合に引き絞られている。実は自分の胸板が思いのほか広いことに充足を感じている。でもこの中に入ってる肺はきっとボロボロなんだろう。

明日はもっと寒くなって、もっと風が強くなって、もっと雪が降るらしい。乗り越えて生きて帰ればおれの勝ちだから、それほど気に病む必要もない。とにかく今は記事を書かねば。