無題

かわいいシルエットをした鳥が水平に落下するみたいにして飛んでいった。いつそれを見たのか思い出せない。昨日だったか一昨日だったか。でもそんな些末なことを今日までしつこく覚えていることに、人生の不思議を感じないでもない。同日に、ゆうすけから拳銃を手渡されて、並走する列車の乗客に向けて発砲する夢を見た。これはフルメタル・ジャケットを見たせいだろうか。ほほえみデブの所以が分かって良かった。

昨日は昼過ぎまで寝た。予報では雨だったので、小学校の裏にある林に写真を撮りに行こうと意気込んでいたのが、当日はバリバリの晴れだった。しかも風が強い。煙った林、濃ゆい土の匂い、濡れてて滑る芝生、分厚い雲を通過してくるせいで、青色だか鼠色だか判然としないぼけて拡散した光、とかを空想してワクワクしていたのに残念だ。そろそろ晴れの日以外にもフィルターを使ってモノクロ写真を撮りたい。
昨日はそんな感じで、起きてからずっとモンハンをやって里のクエストを全て終わらせるなどして過ごした。終わらせたところで特に何も起こらなかったことには文句を言いたい。夜は義兄の友達の家族と通話をつないで2時間近くマリカーをやった。奥さんが強かったけど元世界ランカーの実力を以てねじ伏せた。「早~!!」ってちょっと悔しがっていたことにぞくっとした。おれはSwitchの名前を「Ochinpoman」にしていて、これが向こうの子供たちにバカ受けしていた。「Ochinpoman、早えぇ!」って何回も言われた。おれは子供が苦手だったけど、昨日のことがあってちょっと苦手意識が薄れた。子供ってかわいいんやなあ。

今日はゆうすけからTinderで会ってきた子の話を聞かされた。「さみしいからTinderやってるって言っとって、おれそんなん聞かされたら、萎えてんて。で、カフェ行って、ドライブして、終わった」「おまえ優しくね、いいやつじゃね」「そうでもねーやろ」。さっさといい女作って嫁さんの尻に敷かれてほしい。

今日の日記はあんまり上手に書けなかった。イブシマキヒコブッ殺してくる。