ゴヲレムトラツプ

まったくもって「疲れた」という感覚を理解できたためしがない。こう言うといろいろ言葉が飛んできそうだ。一生懸命やってないからだろ、とか、まあだいたいそのへんの射程を超えてくることはないか。じゃ、言わせてもらうが、(大きく息を吸い込んで)おれは真面目にやってるよ!

帰宅したのが19時。こうしてわざわざ書くのは、それが尋常ではありえないから。かれこれ一時間近くも会社で話し込んでいた。何って、会社で話すことといえば、仕事のことでしょうが。高尚なもんでもないよ。人手が足りないというところから出発して、会社の体制に対する懸念を通過し、最後は愚痴で締めて、その全部を数珠つなぎにして二十分こねまわしていた。おおむね同意というか、おれの中ではとっくに結論が出てる議題ばかりだったので、別に今さら座談会を開くこともないだろうと思ったが、こうしてガス抜きしないと雰囲気が悪くなってくるから、そういう意味では今日のは必要だったと思う。さりとて有意義だったかどうかは判断が待たれるけど、まあ、いんじゃね。別に。

心に凪が訪れて数年が経つ。一年を半年に感じる。特記することもないのにこうしてしつこく日記を書き続ける理由を、自分でも探しているんだけど、生憎見つからない。