アブノーマル、蝸牛

僕の性癖は至って普通である。首を絞めて喜ぶこともないし、絞められて喜ぶこともない。故意か過失かに関わらず、チンチンをケツ穴にねじ込んで喜んだりすることも無い。ケツを叩きたいと思うこともなければ、叩かれたいとも思わない。
それでも何か無理くりひねり出すならば、絶頂をじらしたり我慢させたりするのが好き程度のものはあるが、そんなもんは立派な性癖とはいえないだろう。胸を張ってアブノーマルだと自称するには、やはりスパンキングや首絞めが必須だと僕は思う。

愛について考えることは僕のライフワークである。今日は、性癖という観点から、愛が何たるかについて考えてみようと思う。

アブノーマルな性癖、と聞いて浮かぶのは、阿部定事件で有名な阿部定である。情事の後に男のチンチンを切り取って持ち去るという、世にもセンセーショナルなこの事件は、80年以上経った今でも話題に上ることがある。
こうして事件だけにフォーカスして書くと、阿部定がいかにもアブノーマルな性癖を持ったド変態で、殺人嗜好に近しい、常人の理解し得る範疇を超越した恐ろしくも妖艶な女性であるとカンチガイしてしまうのも無理はない。
しかし、事実は違うようである。これに関しては、坂口安吾の『阿部定さんの印象』という随筆が詳しい。以下出典元と引用。

坂口安吾 『阿部定さんの印象』

阿部定さんに会つた感じは、一ばん平凡な下町育ちの女といふ感じであつた。東京下町に生れ、水商売もやつてきたお定さんであるから、山の手の人や田舎育ちの人とは違つてゐるのが当然だが、東京の下町では最もあたりまへな奇も変もない女のひとで、むしろ、あんまり平凡すぎる、さういふ感じである。すこしもスレたところがない。つまり天性、人みしりせず、気立のよい、明るい人だつたのだらうと思ふ。

さらに読み進めていくとこんなことが書いてある。

思ふに、お定さんに変質的なところはないが、相手の吉さんには、いくらかマゾヒズムの傾向があつたと思ふ。吉さんは恋の陶酔のなかでお定さんにクビをしめてもらうのが嬉しいといふ癖があつた。一般に女の人々は、本当の恋をすると、相手次第で誰しもいくらかは男の変質にオツキアヒを辞せない性質があり、これは本来の変質とは違ふ。女には、男次第といふ傾向が非常に強い。 たまたま、どこかの待合で遊んでゐるとき、遊びの果に気づいてみると、吉さんは本当にクビをしめられて死んでゐた。たゞそれだけの話なのである。

さらにこう続ける。

さういふ愛情の激越な感動の果に、世界もいらない、たゞ二人だけ、そのアゲク、男の一物を斬りとつて胸にだいて出た、外見は奇妙のやうでも、極めて当りまへ、同感、同情すべき点が多々あるではないか。

アブノーマルな性癖の裡には、たしかに愛が潜んでいる。情事という、やましくはないが、どこか生活や世間に対しての背徳を抱えた特殊な行為を通して、そこに2人の間だけで通用する暴力を重ねる。理解できないものを、必死で理解しようと努める、人間の儚い営みがそこにあると僕は思う。
色んな人のいろんな性癖に合わせた風俗店がある現代、アブノーマルな性癖それそのものが愛の側面を表しているものだと僕は思わない。重要なのは、世間から隔離され、生活から切り離されたある一点、すなわち情事、それがいかに閉塞的であるかということである。
愛は当人の目にすら届かない、深い闇の中にしか宿らない。
たとえば情事の際に蝸牛を用意して、それを相手の背中なり腹の上に乗せ、蝸牛の引きずる粘液を眺めながら腰を振るのが好きだという男があったとしよう。女はそれを理解できないが、しかし惚れた男のため、理性を超越した愛の力をもってそれを受け容れる。男が女を、女が男を、世間から隔離された、非常に閉塞的な性癖の中で、求め合う。こう考えてみれば分かりやすい。

情事の時に愛を囁いたり、相手の名前をただ叫んだりするのは、それが閉塞的であるが故である。当人たちは意識していないが、その暗がりに愛が宿っているのを本能的に知っている。そしてそれに触れられないことも知っている。触れられないからこその愛だということも知っている。そしてそこに快感が差し挟まれている。滑稽で不気味で、湿っぽくて陰湿で、静謐な人間の愛。

とはいえ僕は、アブノーマルな性癖を表に出して、マイノリティを主張し、我こそが愛の実践者たるを示す人間を、あまり好きにはなれない。それは単なる派手好きだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA