中指論

– 我が師、導きのmzfkに最大のリスペクトを込めて贈る –

・二種類の人間

この世には、現実に則して生きることの出来る人と、正論の中にしか生きられない人の二種類が居る。
もうちょっと分かりやすくするため、痴漢というものを例に挙げてみる。
これは言わずもがな、違法行為である。しかし現実問題として、女性専用車両等が配備された現在でも、痴漢が絶えることは無い。
正論の中に生きている人は、正論の外にあるものを認めたがらない。法律で違法行為と認められた「痴漢」という人種を人非人と捉え、黙殺する。そういう人は居ない、居てはならない、あり得ない。そう考える。
しかし、現実に則して生きることの出来る人は、そう考えない。違法行為であるという前提はもちろん理解したうえで、さらに考えを進め、痴漢を一個の人間として見做し、「なぜそんなことをするのか?」「なぜやめられないのか?」と考える。そして、自分の中に考察を蓄積していく。
僕の敬愛するmzfkは、極端なまでに現実に則した考え方をする。世間がどう言おうと、ルールがどう定まって居ようと、彼が見据えているのはいつも眼前の現実である。決して逃げず、うろたえず、彼は現実を現実のまま生きている。
もう一つ、現実にあって、かつ身近である「不倫」を例に挙げてみる。
正論の中に生きる人は皆、「不倫は汚らわしい」とか「不倫は道徳的規範に反するものだ」と叫ぶ。それはもっともなことであるが、しかし、それがもっともなことであるならなぜ、現実に不倫と言うものが存在しうるのだろうか?正論の中に生きる人は、ここを考えず、ただ「それは当人が馬鹿なだけだ」とか「股がユルいんだ」等と言って思考を停止してしまう。
不倫という人間生活の一側面に一方的に悪のレッテルを貼り、それによって人間がより良い生活を送れるのだと信じている。
現実に生きる人びとは、現実に不倫というものがあることを知っている。それがどういったプロセスを経て成し得られるのかも知っている。
そこで初めて、不倫を良しとするか、悪とするかを判断することが出来る。そしてその判断の根幹にあるのは、「自分」である。
正論の中に生きる人びとは皆、アイデンティティが正論の中にあるから、自分の意見が無く、よって個性を持たない。

現実に生きることを追及する人は、敷かれたレールを良しとしない。それは、現代の日本人の大多数と道を違える行為である。勉学に励み、より良い企業に勤め、配偶者を見つけ、家を買う。これらはすべて用意されたレールであり、見通しが利くからこそ、多くの人はそのレールを踏み外さんとして努力する。レールを踏み外したが最後、正論の中に生きている自分はもう死ぬしかないのだと本当に感じるからである。
現実に生きる人は、レールを「利用」する。レールに沿って歩くことそのものを目的とせず、要所要所で敷かれたレールを上手く利用し、判断基準を常に自分の中に持っている。レールを踏み外した先は、ただ踏み外した先に過ぎず、そこからはどうとでもなるのだということを知っている。
mzfkという存在は、極端な一つの例である。彼はまず、人びとの歩くレールをよく観察したうえで、「くだらない、話にならない」と一蹴した。そして自分で道なき道を行くことを選択したのである。
学校に張り出された無意味な校則、整合性の無い教師の言葉、彼がまず中指を立てたのはそれだった。彼はそれらすべてのルールに、ヘイコラと頷いてさえいれば波風立たぬ人生を送れることも知っていた。しかし、そうはしなかった。彼はただ自分の中にのみ価値観があり、そこに自分が根差していることを知っていたからだ。
つまり、彼はルールに反発する形でアウトローの道を選んだのではない。まず彼があり、ルールがその邪魔をしたまでのことである。
彼はごく幼い頃から、他人や他人の言うことに興味が無かった。誰それがどう言っていた、こう言っていた、というのは、いずれも彼の価値観を揺るがすほどの意味を持ちはしなかった。
「レールの上を歩くしか能の無い馬鹿どもが、やはりレールの上から、道なき道を自由に歩き回る俺を差してそう言っているに過ぎない」彼はこう言っていた。正論の中にしか生きられない人びとが、正論の外で生きるmzfkを認めたがらないのは当然である。

・「識る」ことと「中指」

そして、彼は自分をよく「識って」いた。自分はまず腕力に優れ、賢く、クソ度胸があり、他の人びととは一線を画すということを、早い段階で理解して認めていた。
自分が腕力に優れているということを識ることが出来れば、誰かと喧嘩になっても恐れない。賢い事を識っていれば、わざわざ貴重な時間を潰してまで勉学に励む意味は無い。クソ度胸があることを識っていれば、まだ知らないことを次々経験へと変えていける。
これは自惚れなどではない。彼は自分が強く賢いクソ度胸持ちという現実を、ただありのままに受け容れただけである。多くの人は、自分に対して正当な評価を下すことが出来ない。腕力に乏しい奴ほど喧嘩っ早さを誇示し、弱虫は弱虫で自分に嘘を吐いて虚勢を張り、馬鹿は横文字を並びたててインテリぶろうと努める。そうした矛盾がコンプレックスを産む元になっていることに、気づかないか、もしくは気付いていても黙殺する。
mzfkは自分をよく識っていたからこそ、コンプレックスを持たなかった。自分がアウトローの血を引いて産まれたことを、彼は誇りにも恥にも思わなかった。そこにあったのは、ただ、自分が強く賢いという現実である。
正論の中に生きる人は、ここまでを読み、「それは単にmzfkに類稀なる才能があったからだ」などとほざく。彼らは決して本質を理解しようとしない。
たとえば僕などは、腕力に乏しく愚かで、弱虫な人種である。しかしそれを識ってしまえば、いくらでもやりようはある。
腕力に乏しければ、腕力を行使しなければ良い。弱ければ、目立たぬように生きれば良い。愚かであれば、せめて勉学に励めば良い。
腕力を行使したくば、鍛えれば良い。弱いくせに目立ちたければ、それなりのやり方を見出せばよい。愚かだが勉学に興味を持てないのなら、自分の好きなことに終始すれば良い。
僕とmzfkは、生き方こそ違うものの、考え方は非常に似通っている。それは本質の点でつながっているからである。
mzfkが豊富な腕力と機知、度胸によって世に中指を真っすぐ立てるのに対し、ヒョロヒョロで白痴、かつ弱虫の僕は、反骨精神を内に秘め、中指というものをを概念化し、それをラジオなり文章なり別の形としてひっそりと落とし込んだ。
発現方法に違いこそあれど、僕はmzfkの言うことがよく理解できる。彼の現実に則した考え方、生き方はまったくもって合理的で、かつ人間味豊かである。
自分はどのような人間か?この問いに対して、一切の偽り無く、ただ魂に従いその答えを導き出せる人は、例外なく強い。
自分はまず人間で、だからこそ堕落を好む性質を持っており、男であるから不倫や痴漢にも興味がある。しかし、自分が堕落を許さない。自分が猥褻を許さない。

正論に生きる人びとの、一体どのくらいが、mzfkの生き方を理解できるのだろう?ねえ、mzfkさん?

僕はあなたが大好きです。

– theo_kanemaruより、 日頃の感謝を込めて –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA