吸血鬼はなぜエロいか

今読んでいる三島由紀夫の『命売ります』という小説の中に、吸血鬼が出てくる。この場合、十字架や日光の苦手なあの「ドラキュラ」ではなく、単に吸血を嗜む普通の人間のことを差す。
作中の吸血鬼は、妙齢、色白、未亡人、と、これでもかとエロスの要素を満載して描かれている。ここで僕は1つ疑問に思った。「なぜ、吸血鬼にはエロいイメージがついてまわるのだろうか?」気になったので、ちょっと考えてみることにした。

Netflixのドキュメンタリーの中に、『世界の現実旅行』というものがある。「ダーク・ツーリスト」を自称するジャーナリストのデイヴィッドが、世界の「ダーク」な場所ばかりを冒険して回る、という内容。
その中で、吸血鬼として生きる人々を取材した回があった。
はじめ現れたのは若いカップルで、女性の方は目も眩むほどの美人。肌の色は病的なほど真っ白で、おっぱいはこれでもかというほど大きいのに垂れていない、完璧な肉体だった。
彼らは吸血を何か「前戯」のようにとらえている節があって、デイヴィッドもこれに関しては苦言を呈していた。「それは単なる前戯じゃないの?」と突っ込むデイヴィッドに、うつむいて頬を染めるうら若き二人。テメーらイチャつき方がちょっと常軌を逸してるだけじゃねーか!
ちなみに彼らの吸血は、首筋にカブリと咬みついて血を吸うわけじゃなく、指先をちょっと切ってそこから吸血するといった、まぁ、至極現実的な方法によるものである。あとやたらエロい。
僕としては、犬歯を鑢で研いでキンキンにしてから、動脈めがけてガブッといくような、そういう方が興奮すると思う。吸血される側はたぶん死ぬけど。
一風変わったカップルのイチャつきを見せられたデイヴィッドは憤慨し、モノホンを探し求めてついに『吸血鬼が集い生活するコミューン』にたどり着く。
そこはなんだかゲットーな雰囲気に満ちていて、美人も居ればごくごく普通のおっちゃんもいる。少年も居る。
吸血の方法は、デザインナイフのような刃物で背中の一部に傷を付け、そこに唇を押し当てて血を飲む、というもの。背中といえば普段人目に触れない場所でもあるし、より秘匿されている感じがあって、なんだか生々しい。

さて、話を戻そう。なぜ吸血鬼にはエロいイメージが付き纏うのか。

たとえば、血を飲むという行為、むしろ血を飲まなければ生きられない、というライフスタイルは、生への渇望を彷彿とさせる。たとえば僕の血が、誰かの喉を通ってその人の体内に染みわたるというのは、やっぱりそれはそれでエロい。「イケないこと」をしているという背徳感、生き血を飲むと言う狂気性、その裏で見え隠れする生と死と愛。血を飲む人は、吸血という行為を通して、こうした深淵にそっと触れている。
きりりと冷えた真っ白い肌に、体温を保持したままの温い鮮血が滴るさまは、美しい。触れられない静謐なものを自分の血によって穢す不毛の悦びもあるのかもしれない。
思えば、僕たち男子は、美しい女体を見たときに、一瞬、破壊衝動のようなものを覚える。この綺麗なものを、愛しいそれを、自分の手によってブチ壊して、滅茶苦茶にしてやりたい、という抗いがたい衝動が、心の奥でパチンと弾けるのを感じる。尋常であればそれは芽生えたと同時に鎮火していく。その鎮火の最中にこそ真の情欲が潜んでいるのだということを、僕たち男子は無意識下で熟知している。
吸う ↔ 吸われる という関係は、 挿入れる ↔ 挿入られる という関係にどこか似ている。セックスにおいて人は、挿入する方もされる方も、どちらも同じ快楽を共有している。この点で、吸血という行為はほとんど挿入と同義と言っても過言ではない。吸う方は、愛しくてたまらない相手の血が、今まさに体内に流し込まれている(それも、自分の意思によって)のを感じて興奮するし、吸われる方は、同じく愛しくてたまらない相手に、自分の血が吸われている(あるいは差し出している)ことに興奮する。

吸血までいかなくとも、情事の際に相手の身体を噛む、歯型をつける、という行為は、しばしば見受けられる。性的嗜好といってしまえばそれまでだが、そこに何か本質が宿っている気がしてならないのは、僕の頭がおかしいからだろうか。確かめるためには、僕も誰かの血を吸うか、誰かに血を吸われねばならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA