この悪趣味なblog

Tumblrを辞めてから、このblogの存在を知る人はほぼ皆無になってしまったと思う。
それでも書くのは、ここでやめたら「結局おれは人の目を気にして文章を書くださいやつ」という烙印を、自分で自分に押してしまうことになるから。
それは嫌だし、それにサーバー代も払ってるんだから好きかってやらせてもらわないと割に合わない。

今日ふと思い立ってアクセス解析を見てみた。細々とアクセスがあるのは、僕のこのblogをブックマークか何かしてくれてる人が居るってことなんだろうか。だとしたらそれはすごくうれしい。
ラジオのほうは、どうやら固定で聞いてくれるリスナーの方が居るみたい。まだまだ少ないけれど、でも自分が好きで始めたことが誰かに認められるっていうのは、メチャクチャうれしい。
本当はTwitterで宣伝したり、ラジオもyoutubeに投稿したりとか策を練れば聞いてもらう事自体はそれほど難しいことじゃないと思う。素人がやってる時点でどれもこれも同じようなもんだろうし、ただ声が気に入ったとか価値観が気に入ったとか、差異はそのへんに出てくるものだと思う。
僕はひねくれてるから、自分のやりたいと思ったことを一回裏切りたい。youtubeとかは魅力的だしやりたいとは思うけど、でもそうしてしまったら僕はただのつまらん俗物だ。固定で聞いてくれているリスナーさんに申し訳ない。僕はTumblr出身で、あそこが僕の住むcityだった。

とはいえ記事したに各種シェアボタンを設置しているのは、下心を捨てきれていない表れでもあるし、あわよくば誰かTwitterとかTumblrでシェアしてくれないかなと思ってる。

ネットの大海原に、僕の書いたロクデモナイ文章が放たれていく。それはとても孤独なことだ。瓶に手紙を入れてコルク栓をして、太平洋に向かってブン投げる感覚に近い。
それでも僕は極力書こうと思う。

※随筆を追加しました – http://goldenstones.org/essay/lunatic/

-theo_kanemaru

我とわが身に

Tumblrをやめた

理由については書けるようになってからまた書くことにする。
けっこう中毒になってた節があるし、それにアプリではずっと不具合が続いていたので、まぁ、名残惜しくはあるけれど仕方ない。
何が仕方ないのかは書けるようになってから。
ラジオ聞いてくれる人も少なくなるだろうし、このブログ読む人も居なくなるだろうからモチベーション維持が大変になってくると思う。
まぁ、焦らずゆっくり続けていこう。

 

***TIME MACHINE***

以下、時間が30年ほど逆行します。激しい揺れとそれに伴う乗り物酔いにご注意ください。

ラジカセを買った

写真 2019-02-03 20 26 33

けっこう前からほしかったもの。
「スマホに入れた音楽をカセットテープに録音して聞く」ために買った。

写真 2019-02-03 22 41 50

こんな風にしてインデックスも自分でつくったよ(他人が作ったレイアウトをそのまま流用しただけ)

80年代にバック!という感じで、もうずっとガチャガチャやっている。再生しているときの「シャァァァア…」っていう音がなんともポンコツ感があって最高だし、それにgroup_inouの楽曲がまた、カセットテープに合う。
再生すればするほどテープは痛むから、より音がモコモコになったり、不明瞭になったりするんだろう。でもそれがいい。自分の手で使い込んでいく感じ。最高。
近年の合理化至上主義みたいのがどうしても肌に合わないから、こうして1人で時代に逆行している。意味は全くない。そんなものは自分で見つける。

見た目はレトロだけど、Bluetoothも使えるのですごく便利。今のところはカセット機能ばっかり使ってるけど。

写真 2019-02-03 22 42 28

僕の大好きな先輩も、父親も、青春時代こんな風にして過ごしてたんだろうな…と考えると、なんともいえない気分になる。2019年にカセットテープで真面目に音楽聞いてる人、どんだけいるんだろう。よっぽどへんな趣味だなと自分でも思う。

カティサークがのみやすい

ジョニーウォーカー12年が無くなり、バランタインも残りわずかということで、新たなウィスキーに挑戦してみようと買ってみた。カティサーク。
これは誰に教えられたものでもない。ただ名前の響きがかっこよかったので買った。でもすごい飲みやすい。安いウィスキーは飲みやすい?

次はmzfkさんがオススメしてくれたグレンフィディックを飲んでみようと思う。少し高いから来月あたりにでも。

ワンワンは神

ここ最近、とりたてて書くこともなかったが(いや、実を言うとあるけれど、まだ自分の中で気持ちの整理がついていない)、ここにきてようやく一大ニュースが舞い込んだ。

奥さんの実家で子犬を飼うことになった。
犬種はカニーンヘン・ダックスフンド。ミニチュアダックスよりももう一回り小さい犬種。
グダグダ書いててもあれなので写真をのっけることにする。

名前は「アラン」、「ペペッチ」

写真 2019-01-30 20 12 04

はぁおいよく見ろやこれ。やべぇやろこんなんマジでやばいって。
あぁクソ形容する言葉見つかんね~~~なんなんマジでおい、おい。
もうほんとやべ~~~あぁ死ぬ~~~可愛死(かわいし)する~~あ~~あ~。

アァ。

名前は「アラン」。でもこれは、向こうの家族(つまりお義母さん)がつけた名前で、僕と奥さんはこのワンワンを「ペペッチ」と呼ぶことにしている。
ペペッチというのは、「ペペロンチーノ」の略。僕がペペロンチーノ大好きで、よく奥さんに「なぁおいペペッチ作ってペペッチ!」って言ってたのが元ネタ。

僕と奥さんに共通している数少ない価値観の一つに、「ワンワンはPから始まる名前だとまぬけになる」というものがある。うちの愛犬はPARUMUだし、ペペッチならPEPECCHI。どちらもPから始まる。

写真 2019-01-30 20 11 42

ん~~~~~~~ちょっとまってこれなんなん~~~~~~~~~~。
こんな可愛い生物が存在していいん?ダメやろ。あぁクッソなんでこんな生物が。
人間クソあぁ~~~~~~~ワンワン~~~~~神~~~~~~~。

写真 2019-01-30 20 15 35

僕はパルムの子犬の頃も知っている。とにかく軽くて、腹だけ妙に張っていて、まぁとにかく死ぬほど可愛かった。
キーキー鳴きながら指を甘噛みしてきたり、片手で倒されるくせに勇ましく向かって来たり。
ペペッチはどちらかというとすごくおとなしくて、基本的には抱っこされて寝ている。鳴く回数も少ない。歩き方もまだヨタヨタしている。

やっぱりワンワンは神。犬嫌いの人の気持ちが冗談抜きで理解できない。
こんなにかわいいのに…。